Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  大学入試情報  >  大学入試の基礎知識  >  センター試験について理解しよう

大学入試の仕組みを理解しよう

センター試験について理解しよう

日本最大規模の試験「センター試験」

 大学入試と聞いて、まず「センター試験」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? センター試験の正式名称は「大学入試センター試験」で、各大学が独立行政法人「大学入試センター」と共同で実施する試験です。毎年1月中旬の土・日曜の2日間に全国で一斉に実施され、例年50万人以上が受験する日本最大規模の試験です。
 国公立大学の一般入試受験者は、原則、センター試験を受験しなければなりません。また、多くの私立大学でもセンター試験の成績が利用できる「センター試験利用方式」を設定しています。大学進学を考える受験生にとって、このセンター試験対策は必須といっても過言ではないでしょう。

これからの大学入試〜2020年度からセンター試験の後継テストがスタート〜
 現在の大学入試とは切っても切れないセンター試験ですが、2019年度(2020年1月実施)が最後になります。2020年度からは、センター試験に代わり「大学入学共通テスト」(以下、共通テスト)が実施されます。
 従来の知識偏重型のテストから、知識を前提にそれを活用する思考力・判断力・表現力を問うテストへと改善するのが狙いです。
 大きなポイントは従来のようなマークシート式問題に加えて記述式の問題が導入されることです。記述式導入の対象教科は当面「国語」と「数学」とされており、両教科とも3問程度出題される見込みです。
 一方従来のマークシート式問題に関しても、複数の資料から様々な情報を組み合わせる必要のある問題や、正解が1つに限られない問題など、思考力・判断力・表現力を重視した出題に見直すとされています。基本的な知識が定着していることを前提に、より高度な能力が求められることになるでしょう。
 また、記述式問題の導入とともに注目されるのが、民間の英語資格・検定試験を活用することで、英語4技能(読む・聞く・話す・書く)の評価を導入する点です。受験生は高校3年生の4〜12月の期間内に、「大学入試英語成績提供システム」に参加する民間の資格・検定試験を最大2回まで受検することになります。
 共通テストの詳細についてはこちらをご覧ください。

出題はマーク式で基礎的な内容

 センター試験の出題科目は国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語の6教科30科目で構成されます。この中から、最大8科目(理科①を選択した場合は9科目)を受験できます。受験生は、志望大学が指定する教科・科目を選択して受験することになります。

● 2019年度大学入試センター試験 出題教科・配点・試験時間一覧

教科 科目 配点 試験時間 選択方法
国語 『国語』 200点 80分  
地理歴史 「世界史A」「世界史B」
「日本史A」「日本史B」
「地理A」「地理B」
1科目
100点
 
2科目
200点
1科目選択
60分
 
2科目選択
130分
(うち解答時間120分)
10科目から最大2科目を選択解答する(同一名称を含む科目の組合せは不可)
受験科目数は出願時に申請
公民 「現代社会」「倫理」「政治・経済」
『倫理,政治・経済』
数学 「数学Ⅰ」『数学Ⅰ・数学A』 100点 60分 2科目から1科目を選択解答する
「数学Ⅱ」『数学Ⅱ・数学B』
『簿記・会計』『情報関係基礎』
100点 60分 4科目から1科目を選択解答する
理科 「物理基礎」
「化学基礎」
「生物基礎」
「地学基礎」
2科目
100点
2科目選択
60分
8科目から下記のいずれかの選択方法により科目を選択解答する
A 理科①から2科目
B 理科②から1科目
C 理科①から2科目及び理科②から1科目(同一名称を含む科目の組合せも可)
D 理科②から2科目
選択方法は出願時に申請
「物理」
「化学」
「生物」
「地学」
1科目
100点
 
2科目
200点
1科目選択
60分
 
2科目選択
130分
(うち解答時間120分)
外国語 『英語』『ドイツ語』『フランス語』
『中国語』『韓国語』
200点 80分 5科目から1科目を選択解答する
「英語リスニング」 50点 60分
(うち解答時間30分)
英語受験者のみ

※「地理歴史および公民」「理科②」の2科目選択者の試験は、解答順に第1解答科目・第2解答科目に区分し、各60分で実施する。試験時間130分には第1・第2解答科目間の答案回収等の時間10分を含む
※「英語リスニング」の解答時間は30分、試験時間60分には機器の動作確認等の30分を含む

 それぞれの試験時間帯で受験できる科目は、地理歴史・公民と理科は最大2科目(理科①を選択した場合は3科目)、そのほかの教科は1科目となっています。また、「英語」の受験者には、筆記試験とは別の時間帯で実施される「リスニング」が必須となっています。
 出題は全教科とも「マークシート方式」で実施されます。問題はそれぞれの教科の基礎の部分をしっかりと身につけているかどうかに重点が置かれています。平均点は6割程度となるように作問されており、それほど難問が出題されることはありません。高校の授業や教科書の内容を着実に身につけていれば解答できる問題です。ただし、科目によっては問題数が多く、解答するスピードが要求されます。過去問に取り組むなどして、時間内に解答する力をつけておきたいものです。
 「英語」受験者は必須となっているリスニング対策も欠かせません。リスニングは各受験者に配られるICプレーヤーで実施されます。試験内容はもとより、その独特な試験形式にも慣れるべく、予備校等が実施する模擬試験を活用するなど、しっかりと準備をしておきましょう。
 なお、センター試験には、出願や受験の際に注意すべき点があります。次ページで、これらについて確認してみましょう。


ページトップへ