Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  大学入試情報  >  大学入試の基礎知識  >  多様な選抜方法がめじろ押しの私立大学入試

大学入試の仕組みを理解しよう

多様な選抜方法がめじろ押しの私立大学入試

多種多様な私立大学の入試

 私立大学の入試も、大別すると国公立大学と同じように一般入試と推薦入試AO入試に分けられます。ここではまず、メインとなる「一般入試」の状況について確認していきましょう。
 私立大学の一般入試では、国公立大学のように統一した入試日程は設定されていません。各大学が自由に入試日程、選抜方法を設定しています。また、国公立大学と違い、試験日が重ならなければ何校でも受験できるのも私立大学入試の特徴でしょう。この一般入試は、各大学で試験を実施する「一般方式」とセンター試験の成績を利用する「センター試験利用方式」に大別できます。

一般入試のピークは1月下旬から2月中旬

 私立大学の一般方式は、主にセンター試験が終わった1月下旬〜2月中旬に行われます。
 入試科目は大学によりさまざまですが、文系学部は英語・国語・地歴公民または数学から3教科、理系学部は英語・数学・理科の3教科を課すパターンが一般的です。また、大学・学部の特性に応じ、入試科目や配点に特徴がある入試方式を実施しているところも多く、これらを組み合わせて1つの学部・学科で2つ以上の入試方式をもつ大学も少なくありません。
 代表的なものとしては、入試科目を1〜2科目としたり、特定科目の配点比率を高くする方式があります。受験生から見れば科目を絞って勉強することができるうえ、得意科目を活かせる入試となっています。このほか、学科試験を課さずに小論文や論述試験で選抜する方式や、英語外部試験(英検、TOEFL等)のスコア保持者や日商簿記などの資格取得者に点数を加点する方式なども見られます。
 ただし、方式ごとの募集人員は、3教科型入試の比率が高い大学が一般的です。あくまでも3教科型入試の対策を基本としたうえで、他の入試方式は自分に適した方式があれば上手に利用するとよいでしょう。

● さまざまな入試方式の例(立命館大学国際関係学部の一般方式(2018年度))

方式 出題科目
学部個別配点方式
(スタンダード3教科型)
英語(100)、国語(100)、数学・地歴・公民から1科目選択(100)
全学統一方式(文系)
(特定科目重視型)
英語(150)、国語(100)、数学・地歴・公民から1科目選択(100)
IR方式
(英語資格試験利用型)
英語(200)、英語外部資格試験(100)
後期分割方式 英語(120)、国語(100)

※( )内は配点


試験日自由選択制度や学外試験会場の設置も

● 私立大学の入試制度

 私立大学の一般方式に統一した入試日程はないとはいえ、2月上旬頃には志望校の試験日同士が重なってしまうこともよくあります。
 このため、多くの大学が設定しているのが「試験日自由選択制」です。試験日を2日以上設定しておいて、受験生が都合のよい日を選んで受験できるようにしています。さらに、複数の試験日を受験することを認めている大学も多くあります。
 また、受験生が受験しやすいように試験会場をキャンパスの所在地域以外に設置する大学も多くあります。全国の主要都市に会場を網羅している大学もあり、こういった大学では、直接大学まで行かなくても近隣で受験が可能です。交通費や宿泊費を節約できるだけでなく、時間的・体力的な負担も減らせるため受験生にとっては便利な制度といえます。



ページトップへ