Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  励ましの言葉はタイミングよく

親の気持ち、子のキモチ

励ましの言葉はタイミングよく〜一歩譲って冷静に


 がんばっている子どもに励ましの言葉をかけたくなるのが親心というもの。しかし、この励ましが子どもにとってかえってプレッシャーになることもあるようです。
 「頑張ってるのに頑張れと言ってきたこと。」(名古屋大医学部 C.K.さん)
 「不安なのはわかるけど、私との時間はすべて受験の話をするのはやめてほしかった。」(明治薬科大薬学部 C.A.さん)
 個人差はあるでしょうが、よかれと思った励ましの言葉が、受験期の子どもに重く響いてしまうこともあるようです。また、「勉強しなさい」の一言もなかなか難しいものです。勉強しなくてはと自分でも思っているところに親からうるさく言われてやる気がなくなってしまった、といったコメントは毎年よくみられます。

 どんな言葉も大切なのはタイミング。まるで口癖のように「がんばれ」「勉強しろ」と言われ続けたら、子どももうんざりしてしまいます。
 まずは子どもの努力を認めること。そして、努力が結果となって表れた時には褒める。うまくいかなかった時にはさりげなく次のチャンスに目を向けるよう示唆する、といった態度が望まれます。
 熱心な親によくありがちなのが、受験生本人より受験にのめり込むといったこと。
 「受験の前日に持論を長電話で話された。また、受験結果で自分よりも引きずっていた。私のというより自分達の受験という感じが嫌でした。」(広島修道大経済科学部 フリルさん)
 「時間の管理をされたこと。自分の勉強している部屋に勝手に入ってきて邪魔してくること。」(中央大理工学部 M.S.さん)
 主役はあくまでも受験生本人。親は子どもの様子によく注意しながらも、温かく見守りたいものです。

 ほかに気をつけたいのは、「大丈夫なの?」「こんな点数しか取れなかったの?」「(合格が)早く決まらないの?」「また落ちたらどうするの?」など、ついつい自分の不安を子どもにぶつけてしまう言葉。今更どうにもならないことや、答えようのない問いかけをされても子どもは困るばかりです。
 また、「落ちたら就職だからね」など、感情に任せてつい言ってしまった言葉や、「良い大学に入ってくれなきゃ親戚に恥ずかしいじゃない」など自分の都合を押しつけるような言葉も、子どもは反感を覚えます。
 長い受験期、たまには親子ゲンカもあるでしょうが、親としては一歩譲って冷静になりたいものです。

お子様につい言ってしまって後悔していること
  ※保護者アンケート:2017年4月実施

  • 「そんなに勉強しないなら受験なんてやめてしまいなさい。○○大学は受けさせない!」(東京都 M・Sさん)
  • 志望校がもしダメだったらという前提で話をしてしまった時に、娘が親から信じてもらっていないと落ち込んでしまったこと。(愛知県 I・Nさん)
  • 「他の人が出来てるのに出来ないの?」と言ってしまった事です。(京都府 O・Mさん)
  • 滑り止めのつもりの大学の試験に落ちた時に、「今後の事を話そう」と言ったら「ほっといてくれ」と言われ、つい、「じゃあもう働いてくれ」と言ってしまった。(宮城県 O・Kさん)
  • 志望校を選択した時点でランクを下げた方がいいと言ってしまった。(奈良県 T・Kさん)
  • 受験生本人が、一番精神的、肉体的にきついであろうに、親もきついとつい愚痴をこぼしてしまったこと。金銭面で、いくらかかっていると言ってしまったこと。(神奈川県 O・Mさん)
  • 「後がないよ。やる気がないならすぐに仕事探して」など結構きついことを言った。(埼玉県 H・Iさん)
  • 「自分のことは自分でやってね」と言ったこと。何しろ忙しく過ごしていると、お金の振込以外は相談に乗れない、わからないこともあり、子どもは心細く思うときもあったようです。(東京都 T・Sさん)
  • 他の子の成績と比べてしまったり、本当にやる気があるのか、しつこく言ってしまったりしたことを後悔しています。(埼玉県 N・Yさん)


ページトップへ