Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  親の気持ち、子のキモチ  >  あまりに無知・無関心は考えもの

親の気持ち、子のキモチ

あまりに無知・無関心は考えもの〜ある程度の情報収集は必要


 「仕方がないことなのですが、大学受験の仕組みについてもう少し理解してくれたらな、と思ったことは何度かあります。」(東京医科大医学部 K.S.さん)
 「勉強している最中に話しかけてきたり、リビングでゲームをされたりしたのは嫌だった。」(慶應義塾大法学部 Y.N.さん)
 相談したり指示を仰いだりするべき親があまりにも受験に関して無知・無関心。子どもにとって、これはかなり不安なことです。受験についての情報やお子様の状況を把握し、勉強に集中できる環境を整えてあげることが大切です。
 「話を聞いてほしいだけなのに、返ってきたのは自分のダメなところの指摘。不安を和らげたかったのにむしろ逆効果+ストレスになった。」(横浜市立大国際総合科学部 Y.I.さん)
 「自分達の世代の受験知識しか知らず、それを元に話をしてくる。今の世代の受験方式を理解していない。」(鳥取大医学部 T.T.さん)
 子どもも親に対して完璧な受験知識やアドバイスを求めているわけではありません。受験制度はもちろん、大学・学部の位置づけや大学進学の意味合いも時代によって変化しています。一方的に決めつけることなく、分からないことは子どもに説明させるくらいの気持ちで、子どもと話し合うことが大切です。「受験」を通して、親子のコミュニケーションを深め、子どもはもちろん親も成長できる、そんな親子関係を築けるよう努めたいものです。

我が子が「成長したな」と感じること
 ※保護者アンケート:2017年4月実施

受験を経験したことでお子様が成長したと感じますか?

  • 自分の意見や考え方をはっきり主張するようになった。(神奈川県 U・Aさん)
  • 希望を叶えるには、何をどう頑張らなければならないか、自分でよく考え、自分を客観視出来るようになった。(埼玉県 W・Mさん)
  • 忍耐力や計画的に物事を進める力がついた。(福岡県 T・Kさん)
  • 困難に立ち向かう力とうまく乗り切る力。(東京都 S・Tさん)
  • 親への接し方、大学選択の考え方。親に対してはいろいろな面で感謝の気持ちが垣間見えるようになり、進路に対しても自分でしっかり考えることができた。(北海道 S・Hさん)
  • 自分の意思を強く持つようになった。行ける大学ではなく、行きたい大学への進路を強く決意している姿勢。(徳島県 I・Tさん)
  • 大事なことは自分で決めて自分で責任をもってやるという責任感が多少ついたと思う。(愛知県 T・Kさん)
  • ネガティブなことをすぐ言うところがありましたが、自分のやるべきことを理解して頑張ろうとしている姿は、昨年に比べると見ることができました。(滋賀県 M・Nさん)
  • 人のアドバイスに耳を傾けるようになった。(大阪府 O・Yさん)
  • 将来の道を切り開くために本人が主導で動くようになったこと。(東京都 K・Tさん)


ページトップへ