Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(関東・甲信越)
筑波大学 社会・国際学群に合格!(一般入試)

T.U.さん

感想・今後の意気込み

3年の11月まで部活をやりながらも、受験勉強と両立して、無事に志望大学に合格することができました!時間が限られていたからこそ、スキマ時間を徹底的に使う意識が持てたのだと思います。辛いときもありましたが、この経験は必ず将来に役立つと確信しています!

メッセージ・アドバイス

3年の1学期のうちにそれまでの復習をし、夏休みには2学期の先取りと問題演習をしました。秋には私立の併願校の過去問を中心に問題演習を重ね、12月からはセンターの過去問、センター後は国立二次の過去問を徹底的にやりました。英語の長文では社会・理科系統の題材が扱われることが多いので、直接受験では使わない科目も、学校の授業くらいは真面目に受けておいた方がいいと思います!

ページの上部へ戻る


筑波大学 生命環境学群に合格!(AO入試)

りょんりょんさん

感想・今後の意気込み

AC入試出願準備に夏休みの貴重な勉強時間を使ってしまい、焦りと不安でいっぱいでしたが、合格したときには第1志望校合格という喜びでいっぱいでした。昔から志望していた大学なので、入学後は一生懸命勉強し、学問を楽しみたいです。

メッセージ・アドバイス

AC入試に明確な対策というものは存在しません。とにかく自分自身を見つめ直し、これまでの自分の活動をよく振り返ってみてください。そうすれば自己推薦書をきちんと書くことができ、面接でも質問に的確に答えられると思います。

ページの上部へ戻る


筑波大学 生命環境学群に合格!(一般入試)

Diskohさん

感想・今後の意気込み

受験生の間は毎日のほとんどが勉強であり、他の楽しみが少なかったため「つらい」と感じることもありました。そんな時でも学校に行けば友達と励まし合い、先生方にアドバイスをもらい、家に帰れば親がサポートしてくれ、やる気を継続し続けることができました。今まで応援してくださった方々に本当に感謝しています。

メッセージ・アドバイス

第一志望の大学の過去問を多めに解いておくことは効果があったと思います。赤本は多くの場合3・4年分しかないと思いますが、様々なツールを利用して8年程度やっておくのをおすすめします。形式に慣れることもできますし、傾向の把握もしやすいと思います。生活面では、勉強の合間に家事の手伝いをすることが意外と気休めになりますし、日々応援してくれている親への恩返しにもなると思います。

ページの上部へ戻る


筑波大学 医学群に合格!(公募推薦)

kanaさん

感想・今後の意気込み

現役の時はがむしゃらにただただ勉強するだけで、「質の良い勉強」を意識できずに失敗しました。浪人してからは、河合塾のテキストを完璧にすることを心がけ、抜け漏れのないように勉強することができました。1年で合格することができて、本当に良かったです。合格を知った時は号泣でした。大学に入学したら、受験勉強で培った集中力や忍耐力を十分に活かして、立派な医師になれるよう、これまで以上に努力していきたいと思います。

メッセージ・アドバイス

教材は手を広げすぎず、自分ができる量のものを完璧にしていく方が良いと思います。手を広げすぎると、ちゃんとマスターできればいいものの、最後まで終わらなかったり、あやふやだったりした場合、本番で100%の力が出せなくなってしまうかもしれません。

ページの上部へ戻る


高崎経済大学 地域政策学部に合格!(一般入試)

さとちゃんさん

感想・今後の意気込み

浪人までした受験はすごいつらくて難しいものでした。高校受験よりもライバルが多いので、体調を万全に備えて臨むのはもちろんですが、上の大学ほどミスやわからない問題一つで合否が分かれる怖さも知りました。模試の成績だったり勉強がはかどらなくても少しでも暗記したり、量をこなすことが合格の一歩だと今一度実感できました。大学では勉強はもちろんですが、最後の学生生活なので遊ぶことも大切にしたいです。

メッセージ・アドバイス

高崎経済大学の地域政策学部は国公立大学ではあるものの、試験が少し特殊であるので、地元の国公立大学の判定が良くなくてもチャンスがあると思います!特に二次試験では理科以外で得意科目が一科目でもあればセンター試験で失敗しても逆転が十分可能です。もう一つは試験会場が多様なので近くで受けることができるのも大きいです。生活では試験の最低でも2週間前には早起きして試験時間には脳が機能しているように心がけました。受験生はつらいことが多いですが、大学は好きなことに夢中になることができると信じて頑張ってください。

ページの上部へ戻る


高崎経済大学 地域政策学部に合格!(一般入試)

ちんぱんさん

感想・今後の意気込み

私は第一志望校はE判定しかとったことがなく、不安な気持ちで入試に臨みました。センター試験はほとんどの教科で自己ベストを出せたものの、やはりE判定。国公立の前期は残念な結果に。しかし、3年間やってきたことを無駄にはしないとE判定だった後期にも臨み、第一志望に合格しました。最後まで諦めずに粘った結果が出て嬉しい思いでいっぱいです。

メッセージ・アドバイス

私はセンター試験が終わりホッとして、しばらく2次試験や私大入試に向けた勉強が手につきませんでした。後輩の皆さんには、センター試験はあくまで通過点と思ってそのまま最後まで全力で駆け抜けてほしいです。

ページの上部へ戻る


埼玉大学 教育学部に合格!(一般入試)

ナマステ先輩さん

感想・今後の意気込み

5教科全てを勉強しなければならず、その上成績もずっとC判定くらいで、何度も心が折れそうになりました。でも予備校の仲間達が頑張っているのを見て、自分も負けていられないという気持ちになり勉強を続けた結果、見事第一志望の埼玉大学に合格することができました!元々、飽きっぽい性格だった私がこんなに1つのことに集中して取り組むことが出来るようになったのは、受験を通じて得た大きな収穫であったと思います。この経験は自分にとってかけがえのないものとなりました!

メッセージ・アドバイス

本気で受験に取り組む強い気持ちを持たないと、最後まで乗り切る事は出来ません。受験というものは、あなたが思うよりもずっと厳しいものです。どこかで一度妥協をすれば悔いの残るものとなります。自分の信念を貫いて、納得のいく結果を生み出して欲しいと思います。自分に負けるな!頑張れ!!

ページの上部へ戻る


埼玉大学 理学部に合格!(一般入試)

さくらさん

感想・今後の意気込み

受験生活中は長くつらく感じた年月も、今振り返ってみると、自分と真剣に向き合うことのできるよい機会だったな、と感じます。自分が本当にやりたいことを見つけ、その目標に向かって自分を高め、そして合格を手にした時の喜びは何にも代えることはできません。プライドが邪魔をして自分と向き合うことが難しい時もありましたが、「自分を高めるため」と思って、自分に素直になれるよう努めていました。春からの新生活がとても楽しみです!

メッセージ・アドバイス

周りを気にせず、自分のペースを貫くことが大切です!国立受験者は長い戦いです。周りの友達が次々と進学先を決めている中で勉強を続けなければいけません。私はつらくなったら、「全国には今も国立受験に向けて頑張っている人がいる!」と自分を奮い立たせていました。そして何より、体調管理を大切に。自分なりのストレス発散法を身に着けておくと、受験期に役立ちます。ちなみに私は好きなアイドルの曲を聴いて踊っていました(笑)。頑張りは、決して無駄にはなりません!最後まで、自分を信じて頑張ってください!!

ページの上部へ戻る


千葉大学 文学部に合格!(一般入試)

エアさん

感想・今後の意気込み

浪人が決まった時は目の前が真っ暗になり1年間の浪人生活に大きな不安がありましたが、高校の友達がたくさんいる河合塾に入塾を決めてからは、友達同士で情報交換をしたりご飯を食べたりして出来るだけ人と話す時間を作ってストレス解消をしていました。現役の時には意識していなかった私大もチューターさんと話し合ったり、河合で貰った資料を参考に偏差値だけでなく倍率募集人数や最低点まで考慮して受験した結果、いくつかの私大に合格し、二次までは精神的に少し楽に過ごすことができました。

メッセージ・アドバイス

センターの科目配点の比率や、二次とセンターの割合を考えて志望校を決めました。数学は赤本を見ながら頻出分野を重点的に勉強していました。国語は授業のテキストの問題を解き直し、受験前には過去問で問題形式と字数を把握しました。生活面では、刺激物をできるだけ摂らないようにしていました。エナジードリンクよりも5〜10分仮眠を取る方が頭がすっきりするので、眠くなったら休憩を取るようにしていました。また、朝は早めに塾に行き席を確保して自習して、他の人よりも早く勉強を始めることでモチベーションを保っていました。

ページの上部へ戻る


千葉大学 理学部に合格!(一般入試)

2Kさん

感想・今後の意気込み

あっという間に過ぎた1年だった。夏休み前まではまだまだ先のことだと思っていたが、夏休み後はいつの間にか冬休みに突入していて、センター試験対策に力を入れなければいけないので大変だった。今思えば、余計なことに時間を割いていたりして時間が勿体なかったと思うことも少しあるが、純粋に1つずつやることをやっていくのが一番良いと思った。

メッセージ・アドバイス

国立大学を目指すならば、まずはセンター試験で得点を稼がなければならないことを考えると、センター試験対策は早すぎて困ることはない。時間が余った時などにしっかりと少しずつ慣れるためにやっておくのがよいと思われる。2次試験の対策に力を入れがちだが、そもそもセンター試験で得点が取れないと受けることすら厳しくなるので。

ページの上部へ戻る


千葉大学 工学部に合格!(一般入試)

いろはさん

感想・今後の意気込み

学校が終わる頃まで残って勉強したあと、友達と机を使って卓球したのが楽しかった。土曜日の誰もいない校舎で友達と2人で勉強したのが楽しかった。

メッセージ・アドバイス

基礎を詰め込んで、隙間時間にセンター対策をして、辛いと思う余裕もないくらい勉強すること。辛いと思ったらおしまい。今振り返ると辛かったことは忘れているから、一年間全力でやりきってよかった。

ページの上部へ戻る


横浜国立大学 都市科学部に合格!(一般入試)

ぽむさん

感想・今後の意気込み

高3の夏まで部活をやりきったあとの受験は本当に不安だった。1月に入っても数学が時間内に終わらず、半分くらいしか取れない。そんなセンターは案の定大失敗。それをひきずって私立、国公立前期も全落ち。浪人も覚悟した。でも最後の最後、ずっと行きたかった後期に受かることが出来た。本当に夢みたいだ。やっぱりあきらめないこと、志望校への愛が大事なんだって本当に思った。

メッセージ・アドバイス

英単語は、高3夏休み中に絶対一冊習得するべし!!!そうすると英文が読めないって焦ることもないから余裕も出るし、他の教科にも手が回せる。心にもゆとりが持てる。だからほんとに早めの英単語大事。

ページの上部へ戻る


横浜市立大学 国際総合科学部に合格!(一般入試)

N.S.さん

感想・今後の意気込み

高2の秋頃にざっくりと「東京に出たいなぁ」と思いつき、それが勉強のモチベーションに繋がりました。それからは学校帰りと土日は自習室が開いている時間までこもって勉強(昼寝は欠かせませんが)しました。周りに同じ状況の子が沢山いて家よりも圧倒的に集中することが出来て、メリハリをつけることにも繋がりました。家ではセンター直前以前はずっとリラックスしていました。その姿勢を2年生の間に立てられたことが合格の鍵になったと思っています。

メッセージ・アドバイス

スキマ時間で英単語帳、歴史の教科書、分からなかった所をまとめたノートを見返して無駄な時間をなくしました。形から入るタイプの人は有効だと思います。あと、英語長文は毎日欠かさず読んだ方がいいです。1日読まないだけで感覚が鈍ってしまいます。受験生は勉強と同じくらい体調管理が大事です。マスク、うがい、手洗い、寝る時はマフラーを巻いて、首や足を冷やさないように気を付けるといいと思います。

ページの上部へ戻る


信州大学 工学部に合格!(一般入試)

たいこさん

感想・今後の意気込み

浪人生活が始まる前は1年間はすごく長いと思っていたけれど、終わってみると今までの人生で1番短く感じた1年でした。それはがむしゃらに目標に向かって頑張っていたからだと思います。これからの人生で必ず役立つ経験が出来ました。

メッセージ・アドバイス

浪人してから現役時代と変えたことが1つあります。それは部屋を常に綺麗な状態にしていたことです。部屋が綺麗だと勉強する時も集中出来るし、勉強に向かいやすい空間づくりにつながると思います。

ページの上部へ戻る


信州大学 繊維学部に合格!(一般入試)

アジの開きさん

感想・今後の意気込み

私は物理だけを極めた受験生活を送りました。7月に物理基礎から勉強を始め、当時は物理特有の考え方に慣れることができず、もっと早くから勉強しておけば良かったと若干後悔しましたが、夏期講習やレギュラーの授業を受け、予習復習を欠かさずこなすことで、次第に見たことのない問題が出てきたときでも対応する力をつけることができました。結果的に物理を勉強して楽しかったですし、物理を勉強したからこそ入りたい研究室も見つけることができ、受験校も確定できたので一科目だけを極めることもありなのだと思います。

メッセージ・アドバイス

センター試験の傾斜配点が特殊だったので、配点に合わせてセンター前の勉強時間などは工夫しました。とりわけ数学では時間内に解くことが難しかったので、演習時間は一番確保しました。センター後は物理のエッセンスや名問の森などで演習を重ね、どの年度の過去問を解いても最低8割は取れるように勉強しました。二次対策はセンター以前から力を入れていたので、この時の経験があったゆえの得点率だと思います。アドバイスとしては、センター重視の大学でも二次対策は着実に完成させておくことをお勧めします。

ページの上部へ戻る


信州大学 農学部に合格!(一般入試)

A.H.さん

感想・今後の意気込み

高校三年生の受験期に入ってから、僕は学校の担任、親の両方とケンカをし、上手くコミュニケーションが取れなくて現役時代には不本意な結果に終わりました。しかし、浪人して河合塾に通い、講師のアドバイスを素直に聞くと成績が伸びました。浪人時代、根を詰めて向かうことは無かったですが、淡々とこなすようにして、勉強が嫌になってやめてしまわないように気を付けていました。

メッセージ・アドバイス

英単語を覚えるのが苦手でしたが、単語帳を読んで分からない単語の語源を調べたり語呂合わせを考えたりしながら、一つの単語帳を一週間で一周して何度も何度も見返すという事をしたら、センター模試の点数が約30点上がりました。生活面においては根を詰めすぎてつぶれないように、淡々と勉強をやり続ける事を目標にしていました。


ページトップへ