Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(東京)
首都大学東京 経済経営学部に合格!(一般入試)

ふんどしプリンさん

感想・今後の意気込み

私は、滑り止めも含めた私立大学を全部で6校受けたのですが、全部補欠不合格及び落ちてしまい、国公立大学の前期だけ受かりました。国公立大学の2次試験は私立大学の結果がほぼ出揃ってから受けるため、ここに落ちたら選択肢なしの浪人決定だ…とものすごい緊張と腹痛のなかでの2次試験でした。偏差値を5以上落としたA判定の大学でも落ちることはあるのが受験だと体験しました。

メッセージ・アドバイス

3年生の4月の時点で国公立志望か私立志望か決まっておらず、先生の勧めもあり国公立大学に向けた勉強をしました。その結果、文系にも関わらず3年生の冬時点で社会の偏差値があまり伸びず、数学の偏差値が良かったため、文系でも英社国ではなく英数国で受けられるところを受験しました。選択した教科が合わない…なんてこともあると思うので、どんな教科を勉強するのか、またどの教科で受験できるのか、しっかりリサーチすることをオススメします。

ページの上部へ戻る


首都大学東京 経済経営学部に合格!(一般入試)

マイアミビーチさん

感想・今後の意気込み

私は後期で受かったので、合格が決まるまではとても不安でした。受験を通して最も感じたことはあきらめないことの大切さです。センター前のマーク模試の出来が非常に悪く足切りも危ういほどでしたが、粘って勉強した結果、センター本番では自己最高点をたたき出すことができました。一方勉強へのモチベーションが上がらず勉強量を落としてしまうことがあったのが反省点です。図書館や自習室など勉強しかできない場所を作ることが大切だと思います。質を気にする前にたくさんの量をこなすことが大事だとこの1年間で痛感しました。

メッセージ・アドバイス

まず体調管理をきちんとするべきだと思います。食事のバランスと睡眠は必ず配慮し、1日の生活習慣を休日でも変えないほうがいいです。また国公立、私大にかかわらずセンター試験できちんと得点できるようにすべきです。センターは基礎力を図るのに最適ですし、センター試験での結果がその後のメンタルにかかわってきます。センター対策としては下手に予想問題をやるよりも過去問を解説できるくらいまでやりこむほうが効果が高いと感じました。最後まであきらめずに頑張ってください!

ページの上部へ戻る


首都大学東京 都市環境学部に合格!(指定校推薦)

チバのメッシさん

感想・今後の意気込み

受験勉強したいけど部活のサッカーが県大会が勝ち進んでいくジレンマがありました!

メッセージ・アドバイス

将来のやりたい事を鮮明にすることがモチベーションに繋がりますので是非考えてみてください!

ページの上部へ戻る


東京大学 文科一類に合格!(一般入試)

シャルル53世さん

感想・今後の意気込み

予備校に通うにしろ、自宅で勉強するにしろ、結局は自学自習が必要です。しかし、全員が一年間独りで自主的に学習を続けられるわけではないでしょう。河合塾では、高いレベルの仲間、良質なテキスト、充実した模試など自学自習の環境が整備されています。これらを最大限に利用すれば第一志望の合格は固いものとなります。重圧はもちろんありますが、なるべく受験を苦難と考えず、学問の純粋な楽しさを味わってください。検討を祈ります!

メッセージ・アドバイス

勉強法ばかり考えず、問題そのものに真摯に取り組めば自ずと理解が深まる。暗記も同様。受験はともすると学歴を得るための苦しい作業と思われがちだが、それほどもったいないことはない。受験を通して、考えることの楽しさや未知の物を知ることの喜びを体験してください。

ページの上部へ戻る


東京大学 文科一類に合格!(一般入試)

ありすさん

感想・今後の意気込み

現役の頃は気概と集中力が足りなかった。浪人してからも集中力が続かないことはよくあったが、「この時間だけは」と決めた時間だけはのめり込むように勉強する癖がついた。浪人中は周りに友人も多く、互いに助け合いながら勉強することができ、合格に繋がった。

メッセージ・アドバイス

現役の頃は睡眠不足であり、それが集中力の欠如を招いていました。浪人してからは6時間以上の睡眠を毎日確保できるように勉強の計画を立てました。睡眠不足は受験生の敵です!自分にとって必要な睡眠時間は必ず確保するようにしましょう。

ページの上部へ戻る


東京大学 文科三類に合格!(一般入試)

ジャン・バルジャンさん

感想・今後の意気込み

受験勉強で一番大切なのは「質」ではなく、「量」だということを痛感しました。合格した喜びは人生の中で一番大きいものでした。

メッセージ・アドバイス

まずは過去問研究をすることをお勧めします。過去問研究とは、過去問演習とは異なり、教科書や参考書、予備校の解答例などを参照しつつ、自分なりに最善の解答を出したり、関連知識をまとめることです。

ページの上部へ戻る


東京大学 理科一類に合格!(一般入試)

ポンチョ2さん

感想・今後の意気込み

第一志望校の東京大学に入学することができて、本当に嬉しいです。受験期には辛いことも多くありましたが、何とか乗り切ることができました。反省は、10年分の過去問を高3の11月までに解ききってしまい、それから受験までやることがなくなってしまったことです。

メッセージ・アドバイス

東大は過去問に徹底的に取り組むことが大切です。東大は解答用紙がほとんど記述式なので、誰にでもわかるような答案を作成しなければならない点は、注意が必要です。絶対に合格するという気持ちは、モチベーションを保ち続けるために非常に重要です。

ページの上部へ戻る


東京大学 理科二類に合格!(一般入試)

人狼大好きマンさん

感想・今後の意気込み

たしかに受験勉強中の一年間は辛いし長いものでした。しかし、合格した時の喜びは今までの辛さを吹き飛ばすくらい大きいものであり、あの興奮は言葉では言い尽くせません。一生に一度の格別な経験をしました。

メッセージ・アドバイス

勉強そのものに熱中することも大切ですが、熱中し過ぎて路線を踏み外さないことがもっと大事です。こまめに実力を客観視して、計画を修正し続けるといいと思います。私は計画を立てることを疎かにしてしまったので、直前期に後悔しました。

ページの上部へ戻る


東京大学 理科二類に合格!(一般入試)

M.N.さん

感想・今後の意気込み

1年間浪人しました。現役時数学が特に苦手だったので、他科目でカバーすることも考えつつ、数学に関してはその問題1題だけにとどまらない解法の体系化を意識して取り組みました。1年間諦めずに努力してきて、合格という結果を出すことができて良かったです。

メッセージ・アドバイス

勉強時間の量はもちろんですが、直前期にも焦らずに1問ずつ丁寧に疑問を全て解消して、類題を思い浮かべたりしながら取り組むことが大事だと思います。単に新しい問題を多く解こうとする前に、それまでやってきた問題を全て1つの疑問も無く解けるようになっているかを確認してみてください。

ページの上部へ戻る


東京外国語大学 言語文化学部に合格!(一般入試)

ぽんたさん

感想・今後の意気込み

私は受験というものが最後まで何が起こるかわからない予測不可能な戦いだと身をもって感じました。私自身センター試験で大失敗し、正直国公立はもうだめだと思いました。でも、最後まで諦めずにやった結果、逆転することができました。しっかりと勉強をし、努力を積み重ねれば奇跡は起こります。この受験を通して、最後までやり通すこと、努力の継続、そして家族や友人の存在の大切さを実感しました。それらを忘れずに充実した大学生活を送っていきたいと思います。

メッセージ・アドバイス

私が目指していた大学は英語の比重がとても高かったので、重点的に英語に時間をかけたほうがいいと思います。河合塾のONEWEX東大英語では様々な分野の長文を読むので、その予習・復習は必ずやるようにしました。単語帳は一切やらず、その長文や学校の授業で出てきたわからない単語などを覚えるようにしました。また、リスニングに関しては2月中TEDや英語のニュースなどをなるべく聞くようにし、耳を英語慣れさせることが大切だと思います。第一志望に合格できるよう頑張ってください!

ページの上部へ戻る


東京外国語大学 言語文化学部に合格!(一般入試)

Y.M.さん

感想・今後の意気込み

お昼休みに、同じクラスの子や友達の友達と大人数でご飯を食べて、交友関係が広がったことが1番勉強の支えになりました。みんな勉強に対してやる気のある子ばかりだったので、励ましあっていました。お昼の後はまた新しい気持ちで勉強に取り組めて、集中できたと思います。

メッセージ・アドバイス

英語のリスニングが長めなので、普段から長い英語のラジオなどを聞いてコツを掴みました。bbcやted、NHKのラジオもおすすめです。四月から夏頃まではほぼ聞き取れなくて、勉強中のBGMのようなものでしたが、先輩が一年やれば必ず聞き取れるようになると言っていたので続けたところ、直前には2倍速でも聞き取れるようになりました。

ページの上部へ戻る


東京外国語大学 言語文化学部に合格!(一般入試)

K.F.さん

感想・今後の意気込み

現役時代、第一志望に50点以上足りなくて不合格でしたが、浪人して第一志望校に合格しました!!これは、自分を信じて勉強を続けたからだと思います。諦めないことが大事だと強く感じます。

メッセージ・アドバイス

朝勉強するようにしました。朝勉強をすることで朝型の生活が身につき、試験を受ける時間には頭が勉強モードに入るのでとても良かったと思います。朝は頭がスッキリしているので音読や昨日の復習をすると効果的です。

ページの上部へ戻る


東京外国語大学 国際社会学部に合格!(一般入試)

jukenseiouenさん

感想・今後の意気込み

受験時は、塾のみんなと、辛いことも嬉しいことも全部共有して乗り越えられたので、本当に苦しい2年間でしたが、今ではこれ以上ない思い出です。私は受ける大学の過去問(4種類)を10年分3周しましたが、そのせいで初見の英国に触れる時間が短くなってしまい、今ではとても反省しています。第一志望に合格することができたので、これからも向上心を持ち続けて、精一杯勉学に励みたいです!

メッセージ・アドバイス

2年生の3月ごろから英語世界史の問題集を始めました。6月ごろに一度受験予定大学(4種類)の過去問を解き、自分の穴は何であるのかを把握しました。夏休みは徹底的にセンター対策をして、8月末から受験大学の過去問を本格的に始めました。12月半ばからはセンターの勉強にシフトして、終わるまではセンター対策をし続けました(センターの比率が高かったので)。受験期は当日朝見るためのまとめノート作りに勤しみました。このノートが一番のオススメです!

ページの上部へ戻る


東京海洋大学 海洋資源環境学部に合格!(一般入試)

きょろさん

感想・今後の意気込み

受験の山場と言われる夏休みでも1日の勉強時間が10時間を超えることがなく、家族はもちろん先生も、そして私自身もこのままでいいのか!と不安だったのを覚えています。しかし私は冬がピークだったらしく、センター前にぐんと伸びました。もし自分なりのやり方があるなら、たとえみんなと違うリズムでも自信を持って続けるべきです!

メッセージ・アドバイス

とにかく過去問を重視しましょう。また、私は偏差値や判定も気にしませんでした。試験当日に合格最低点をクリアすればいいのです。

ページの上部へ戻る


東京海洋大学 海洋資源環境学部に合格!(一般入試)

toooslさん

感想・今後の意気込み

夏までにどれだけ基礎を定着させられるかが合格のカギだと感じました。一年間やっている間は大変なものだけど、終わってみれば自分はここまで努力したんだと思えるので頑張ってください。

メッセージ・アドバイス

センターと二次の比率にもよるかもしれないが、センター1か月前からは、得意科目である化学以外はほぼセンター対策に費やした。問題を解いていて間違えたりわからないことがあったら理解できるまで、どれだけ時間がかかっても教科書レベルにまで戻る勇気を持つこと。受験期後半に生きてくると思います。

ページの上部へ戻る


東京学芸大学 教育学部に合格!(一般入試)

blueさん

感想・今後の意気込み

第一志望に絶対受かりたいという強い思いが合格に繋がったと思います。現役の時にダメで浪人を選び、1年間正直辛い毎日でした。予備校に通いながらアルバイトをして、、現役の頃の方が純粋に勉強に集中できていたし、頑張れていたと思います。それでもやっぱり浪人生には後がない、頑張るしかないと第一志望に絞って勉強をしました。合格した時の喜びは2年間全てが報われたような、とても嬉しい気持ちでした。私の人生でとてもとても大事な1年になったと思います。受験は自分を強くすると分かりました!

メッセージ・アドバイス

受験生だからといって家族や周りに気を遣わせないことが大事。家事を手伝ったりたまには旅行について行ってみたり、生活に余裕を持ちましょう。また、具体的な対策としては、過去問を必死にこなすこと。早めの段階から解き進めるといいと思います。特に私は英語が苦手だったので、英語だけでもたくさん解いていました。受験も終わりの方になってくると気が抜けがちです。センター後にダレる人が沢山います。最後まで気を抜かず頑張ってください!!

ページの上部へ戻る


東京工業大学 第6類に合格!(一般入試)

H.T.さん

感想・今後の意気込み

現役時代の私は、学校行事と部活の片手間に勉強していたため、成績はなかなか上がりませんでした。もちろん、現役では不合格という結果となりました。浪人時代は、これまで疎かにしていた復習に力を入れ定期的に何度も復習することによって、受験の標準問題に対応できるようになりました。その上で応用問題を解くことで、志望校に通用するレベルに到達し、合格を勝ち取ることができたのだと思います。

メッセージ・アドバイス

勉強時間をたくさん確保することは、確かに良いことですが、ここには落とし穴があります。それは、勉強した気になってしまうことです。例えば、テレビを見ながら数学の計算問題を解くといったことは、確かにノートにはやった記録としては残りますが、頭の中には何ひとつ残っていないことが多いです。時間を確保しつつ、その質についても考えながら勉強すれば、必ず成績は伸びると思います。合格に向けて頑張ってください!

ページの上部へ戻る


東京工業大学 第7類に合格!(一般入試)

ごまさん

感想・今後の意気込み

模試でなかなかいい成績を出せていませんでしたが、志望校にどうしても行きたい気持ちは誰にも負けない自信があったので、何度D判定やE判定が出ても絶対に諦めませんでした。少しずつ成果が出るうちに勉強がとても楽しくなって、受験生活は辛いものだと感じることはありませんでした。合格発表で自分の受験番号を見つけた時は、人生ではじめて嬉しくて泣きました。家族や先生など、周りで支えてくれた人たちへの感謝の想いでいっぱいでした。

メッセージ・アドバイス

基礎がひととおり終わった後はひたすら過去問を解いて研究しました。具体的には数学50年、英語10年、物理化学20年×2を解ききりました。大学によって傾向があり、どうしても相性の問題もあるので、志望校のことを知るために量をこなしました。注意した点は、分からないことをそのままにしておかないことです。勉強全般に言えることですが、知らなければその場で覚え、わからなければ先生方に聞くなどしてすぐに解決するようにしました。

ページの上部へ戻る


一橋大学 社会学部に合格!(一般入試)

わらびもちさん

感想・今後の意気込み

浪人を決めたときは絶望と不安しかありませんでしたが、1年間ぶれることなく目標に向かって勉強し続けられたことは大きな自信になりました。

メッセージ・アドバイス

十分な睡眠をとって規則正しい生活をすることは、受験において欠かせないことだと思います。たしかにある程度の勉強時間を確保することは必須ですが、長時間勉強することにこだわるよりも、効率の良い勉強を心がけると良いと思います。

ページの上部へ戻る


一橋大学 法学部に合格!(一般入試)

ハトムギさん

感想・今後の意気込み

浪人を決めた最初の頃は1年間あれば余裕で受かるだろうと楽観的でしたが、成績が伸び悩み秋の冠模試で現役時よりも低い判定が出るなどして精神的に辛く感じる時もありました。昨年の失敗から2月は私大の対策にも力を入れて滑り止めを抑えたおかげで、安心して二次試験を受けられました。試験から合格発表までは本当に長く感じ、まわりの人の祝福の言葉で合格を実感することができました。

メッセージ・アドバイス

私が特に力をいれたのは数学と世界史です。苦手だった数学は板書ノートを見ずにスラスラ解けるまで繰り返し同じ問題を解きました。世界史は過去問10年分の論述を書き、塾の先生に添削していただきました。自分では気づかない知識の抜けや誤字を指摘していただけたのがよかったです。センターはライバルたちも高得点を狙ってくるので、12月中旬から完全にセンター対策に切り替えて、学部の傾斜配点を常に意識して計画を立てて対策しました。

ページの上部へ戻る


一橋大学 法学部に合格!(一般入試)

シャンシャンさん

感想・今後の意気込み

受験勉強はかなりの長期戦になるので、長い間継続できる勉強をするべきだと感じました。わたしは、高2の夏休み前に勉強量が少なすぎることに気づき、遅れを取り戻すために、平日の部活後の時間や土日を生かす勉強を続けました。高3になって部活を引退すると、自分の勉強に使える時間がかなり増えるので、増えた時間もすべて勉強に充てて毎日安定的に勉強できたのが、合格できた理由だと思います。

メッセージ・アドバイス

一橋大学の入試は、各科目ごとに強い特徴があるので、直前期は過去問研究に専念しました。しかし特徴的とはいえ、基礎はまんべんなく固めておく必要があるので、基礎は高3の夏あたりまでに固めておくとスムーズに受験勉強が進むと思います。生活面では、晩御飯は必ず家で家族と食べるように心がけました。これにより、精神的安定が保てたと思います。

ページの上部へ戻る


一橋大学 経済学部に合格!(一般入試)

Y.O.さん

感想・今後の意気込み

迷いや不安の連続でしたが、悩んだ分だけ結果になって返ってきたのではないかと思います。例えば二次で使う社会科目をどうするか、系統が似ていて興味のある学部のうちどちらを受けるか、などです。その度にチューターさんに相談に乗っていただいて自分なりの決断をし、迷いなく進むことができました。

メッセージ・アドバイス

文理問わず重視される英語と、二次で使う科目のうち配点が高く差がつきやすい数学を味方につけられるよう対策しました。具体的には、高3進級前に数学の未修範囲を青チャートで予習したり、高3の4月から河合塾でこの2教科の講座を取り始めたりしました。河合塾のテキストは構成がいいので、予習の他にわからなかったところを復習していけば着実に力がつくと思います。夏頃から、負担にならない程度に慣れる意味で過去問を解き始めたので、秋以降にスムーズに過去問にシフトできたと思います。


ページトップへ