Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(中国・四国)
岡山大学 理学部に合格!(一般入試)

かわさん

感想・今後の意気込み

私は一年生のころはたいして勉強しておらず、ひどい成績をとっていました。しかし、二年生になってこれではいけないと思い、本格的に勉強を始めました。センター試験では思っていたほど点数がとれなかったので、第二志望の岡山大学を受験することにしました。二次試験への切り換えが遅れ、倍率も前年度より上がり不安になりましたがなんとか合格することができました。

メッセージ・アドバイス

なるべく早い時期から勉強を始めることが大切です。また、私は睡眠時間を削って勉強していたらどんどん成績が下がったことがあります。センター試験や二次試験の前に、焦って睡眠時間を削りすぎないように、早めに自分が必要とする睡眠時間を知っておきましょう。

ページの上部へ戻る


岡山大学 医学部に合格!(一般入試)

うずまきさん

感想・今後の意気込み

夏休みに体調を崩し、計画通りに勉強が進まず、秋頃に成績が下がりに下がったのはかなり焦りました。が、逆にその焦りのせいで1日ごとを真剣に過ごせるようになり、結果的には受験した全ての医学部から合格をいただけました。やっとスタートを切れたので、今後も精進します。

メッセージ・アドバイス

岡大の問題はどの教科も標準的で、医学科の合格最低点はとても高く、1つのミスが命取りになります。また、特に数学では大問1つが100点あるので、全く手が出ない状況になるとかなり厳しいと思います。過去問演習も大切ですが、他大の難しめのセットを直前までやって鍛えておくのもおすすめです。

ページの上部へ戻る


広島大学 薬学部に合格!(一般入試)

紅葉さん

感想・今後の意気込み

受験生活はとても忙しく、受験以外のことはあまり考えられませんでした。ただ、今思うと自分のことを支えてくれていた人がいたからこそ合格できたんだと思います。特に親は最後の最後まで一緒に付き添ってくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。自分の辛い時、悩んでいる時、そして、合格して嬉しい時、すべてをまるで自分のことのように過ごしてくれた親、友人、チューターの方々、本当に、本当にありがとうございました。

メッセージ・アドバイス

受験生に焦りはつきものだと思います。私もセンター試験後から焦りで、集中して勉強することができなくなりました。また、「もっと難しい問題を解いてやる」とか「もっと成績を伸ばしてやる」という思いが強くなりすぎて、解いたことのない問題集などに手をつけてしまいました。これはとても失敗でした。時間は足りなくなるし、問題が解けず焦るしという感じでした。だから、今までに解いたことのある問題集をセンター後は用いることをオススメします。

ページの上部へ戻る


広島大学 情報科学部に合格!(一般入試)

とりっぴーさん

感想・今後の意気込み

学力は時間に比例する。これは、確かだと感じました。勉強したことは、僕の体感で3ヶ月後に効果が現れ日々成長したことが感じられとても充実していました。また、親や先生、友達など沢山の人に支えられて受験生活を送ることができて感謝の気持ちでいっぱいです。この学部は新設ですが、自分の希望する夢に近い学部で今はやる気に満ち溢れています。

メッセージ・アドバイス

高3のマーク模試では偏差値40くらいだった僕が広島大に合格できたのは、ストレスなく勉強できたからだと思います。大切なことは2点あります。1つは「過不足なく勉強し、家では勉強なしで好きなことをする」といった自分のリズムをつかむこと。もう1つは、僕の場合「自分はバカだ。」と、自覚することでいろいろ諦めが良くなり、勉強に嫌気がさすことはほとんどなくリズムを保つことができました。このように、自分なりに受験期のストレスに対処することが受験では大切だと思います。頑張ってください!

ページの上部へ戻る


山口大学 工学部に合格!(一般入試)

トマトさん

感想・今後の意気込み

勉強しても思うように点数が上がらなくて苦しかったときもあり、頑張って点数が上がったときもありました。今思い返してみれば自由時間を多めにとり過ぎた気がします。不安とプレッシャーに押しつぶされそうでしたが、友達と息抜きにするおしゃべりがとても大切な時間で、いい気分転換になっていました。

メッセージ・アドバイス

志望大学の過去問を五年以上数回繰り返して解くのをオススメします。各大学の傾向をつかめます。通学時などのちょっとした時間に単語帳を見るのも勉強になります。暗記科目は寝る前にしました。生活リズムはくずさないようにして、心と体のケアを心がけていました。


ページトップへ