Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(関東・甲信越)
文教大学 教育学部に合格!(一般入試)

みやさん

感想・今後の意気込み

自分の第一志望の大学は東京学芸大学でした。ただ、センターで大失敗して、学芸大を含めて、考えていた国公立は全てダメになってしまい、違う国公立を選ぶのに一週間かかり、大きな遅れを取ってしまいました。でも、自分のやりたい教育の道を最後まで諦めず貫いたことで、私立大学の中でも教員採用率が高い文教大学に合格することができました。思い通りにいかなかった大学受験でしたが、どんな形であっても、一般入試で一つ勝ち取れたことは今後の人生につながる大きな自信となりました。

メッセージ・アドバイス

自分の今の実力を冷静に分析して、レベルにあった参考書を使うことを心がけました。背伸びをして難しい参考書に手をつけずに、持っているものを完璧にすることが合格の秘訣だと思います。

ページの上部へ戻る


神奈川工科大学 看護学部に合格!(一般入試)

H.U.さん

感想・今後の意気込み

私立に絞って受験勉強していた私は、記述模試を受けるとき、「実際の試験はマーク式だから」とか「難易度が高いから」などと限界を決めつけてしまったため、模試でも実際の入試でも成績が振るいませんでした。もっと真剣に向き合えばよかったと後悔しています。

メッセージ・アドバイス

私が合格した大学はそれほど込み入った問題が出なかったので、過去問は秋のうちに解いてしまい、直前期にはもう一つか二つ上のレベルの大学の過去問を解いて対策をしました。実行してよかったと思うことは、スマホアプリを使って勉強時間の可視化を徹底したことです。目標時間を達成すると勉強が楽しいと思えるようになりました。

ページの上部へ戻る


聖マリアンナ医科大学 医学部に合格!(一般入試)

もみじまんじゅうさん

感想・今後の意気込み

浪人が始まって、まず基礎的なことから授業は始まりました。ある程度の理解はありましたが、やはり穴はあるもので、当たり前のことを当たり前に理解できるように、どうしてそうなるのかを意識して学習しました。模試が昨年よりいいのは当たり前でそこからどれだけ突き放せるかが大切だと思い、去年の自分を超えることも意識して勉強しました。(やる気が出ないときは去年の入試のときに聴いていた曲を何度も聞いて思い出していました。)

メッセージ・アドバイス

勉強面では、とにかく思考力と記述力をあげました。わからない問題も答えを見ずになるべく自分で答えを導き出そうと心がけました(数学、物理)。そうすれば、解法の使いどころや便利な場面が自然に身に付いていきます。化学はとにかく解法を覚えてスピードをあげることです。注意することは、小テストや模試で自分の力を最大限出せるようにすることです。平常心で落ち着いて回答することは思っているより難しいです。生活面は早寝早起きです。生活リズムは1番大切です。まず予防が大切だと思います。ヨーグルトおすすめです。

ページの上部へ戻る


東洋英和女学院大学 人間科学部に合格!(スカラシップ特別入試)

ありささん

感想・今後の意気込み

私は浪人していたので、自分にとって有利になる方法をしっかりと準備した結果、悔いのない受験生活を送ることができました。特待生入試は受ける価値はあります。たとえ、特待生になれなくても一般入試免除生になったとしても、心のお守りがあるのとないのでは一般入試に対する緊張感が全然違います。難点は、入試の時期が早いので、モチベーションの維持が大変でした。

メッセージ・アドバイス

とにかく基礎基本を大事にしてください。基礎は応用への土台なので、それなくしては合格が遠のいてしまいます。入試問題に早めに目を通しておくのはいいのですが、過去問対策ばっかりしないでください。また、一般入試は意外と大変なので、併願校対策もしっかりやってください。過去問に掲載されている問題は全て解いてください。ただ解くのではなく、時間をしっかり守りつつ、自分なりの弱点を見つけてください。過去問はそのためにあるのです。みんなが合格することを願っています。


ページトップへ