Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(東京)
青山学院大学 法学部に合格!(一般入試)

りっちゃんさん

感想・今後の意気込み

私は帰国子女で、英語以外の科目がとても苦手だったため、正直不安しかありませんでした。最初は国語も世界史もボロボロでした。しかし、高2で河合塾に入塾し、質の高い授業を受けることによってどんどん自信がつきました。高3になってからは授業もさらに濃くなり大変でしたが、頑張って良かったです。本当に合格できて嬉しいです!!諦めなくて良かったと心から思います。

メッセージ・アドバイス

模試の判定が悪くても絶対に諦めないでください。模試と大学入試はかなり異なります。最低でも過去3年分の過去問を解くのがおすすめです。傾向を掴めば、本番も余裕をもって解くことができます。

ページの上部へ戻る


青山学院大学 経済学部に合格!(一般入試)

ななをさん

感想・今後の意気込み

高校生活も全力で楽しみながら合格したい!と思ったので、行事では本部に所属し球技祭を盛り上げたり、ソフトテニス部とダンス部を最後までやり遂げ、体育祭では応援団もやりました!たまに友達とご飯に行ったりして他愛ない話をして勉強の息抜きをしていました。その傍ら、私は要領のいいタイプではなかったので、他の人よりも沢山勉強しようと、時間をたくさんつくるようにしていました。

メッセージ・アドバイス

私は夏休みの時間の使い方を少し失敗してしまいました。基礎も大切ですが、それだけでなく夏休みは自分のレベルも考えてとにかくインプットを行うのが大事だと思います。赤本も一回解いて、自分の実力と合格までの差を把握していました。心配になって沢山の教材に手を伸ばしてしまう気持ちもわかりますが、河合塾の教材の復習など、今持っているものをある程度完璧にしてから次のものに手をつけましょう。

ページの上部へ戻る


亜細亜大学 法学部に合格!(センター利用入試)

Raimbowさん

感想・今後の意気込み

いきなり部活が無くなって放課後に時間がかなり空くので、最初の方は全然勉強に力が入らず周りを見て焦ったが、塾に行き勉強をする習慣がついてよかったです。また、毎日コツコツとやることが大切だと学びました。これは受験だけではなく、大学生になっても、就職しても言えることなので、肝に銘じて頑張っていきたい。

メッセージ・アドバイス

苦手な科目は二学期が始まる前までに克服できるように、勉強する時はそこに重点を置くのがいいと思います。夏休み過ぎからは、二次試験の対策や一般試験の対策をし始めた方がいいです。11月からは、センターで受ける科目を決めて、その教科を配点の大きさの割合で勉強します。センター後は、受験校に合わせて教科を絞り、基本的には英語に重点を置いて勉強した方がいいと思います。受験生活は長いので、模試の結果で一喜一憂せず、少しずつ修正していって、本番でいい結果が残るように長い目で頑張りましょう。

ページの上部へ戻る


学習院大学 法学部に合格!(一般入試)

flowerさん

感想・今後の意気込み

当日の試験では英語が最初の科目だったのですが、連日の受験で疲労が回復しなかったせいでなかなか集中モードになれませんでした。しかし周りの受験生はみな最後まで真剣に勉強していたので、僕も自然と集中することができました。受験会場の緊張した雰囲気をプレッシャーではなく自分を奮い立たせるトリガーとして利用できたことが合格に繋がりました。

メッセージ・アドバイス

受験は最後まで何が起こるかわかりません!ただ緊張で100%の力は出せないので、普段からの不断の努力が重要!

ページの上部へ戻る


学習院大学 法学部に合格!(一般入試)

KKさん

感想・今後の意気込み

私の受験生活の反省はズバリ驕り、怠慢です。みなさんも、二年生までがいいからって、三年生で気を抜くことが無いようにしてください。

メッセージ・アドバイス

私は一年生から受験勉強を始めました。模試では校内一位を取ることをモチベーションとし、全国でも三桁に入るぐらいにまでなっていました。ですが、三年生の夏前、模試で点数を落としてしまい、モチベーションが下がり出しました。結果、出願したかった国立大学を諦め、急遽私立文系にして、私立を三校だけ受けました。悔い無く受験するためには、まず三年生の夏ぐらいにしっかりと受ける大学の過去問を解き、秋には演習ができるような形に持っていく必要があります。ぜひ、悔い無き完璧な受験を。

ページの上部へ戻る


学習院大学 法学部に合格!(一般入試)

Y.O.さん

感想・今後の意気込み

自分は夏から受験勉強を始めたため、他の生徒に追いつくのが大変でした。とにかく合格した時の喜びを想像しながら勉強したのが良かったと思います。

メッセージ・アドバイス

先生選びは慎重に!必ず学校には通うこと!

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 文学部に合格!(一般入試)

Mさん

感想・今後の意気込み

受験中は自分のやりたいことを時には我慢する必要があり、ストレスもありましたが、講師室に行くと、勉強面だけでなく精神面まで心配してくれる優しい先生に相談することができ、とても楽しかったなと今は思います。

メッセージ・アドバイス

私は慶應大学 文学部を第一志望にしていました。そのため、高校3年生の時には早慶大英語ではなく、記述式の東大英語を受講していました。難易度がとても高く、苦労しましたが、毎回の添削指導がとても丁寧で良かったです。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 文学部に合格!(一般入試)

ちりさん

感想・今後の意気込み

(春)理系から文転、4月から受験勉強を開始。学校の授業が減り、午後は自習室に直行する日々。その張り切りが凶とでて、すっかりヘトヘト。辛かった。
(夏)孤独との戦いとなり、「一日中勉強してやる」と意気込みすぎた結果、天王山登頂失敗。
(秋)自分の中で勉強のペースをつかめ、「勉強」の全体像が把握でき、安定していた。周りがスランプに陥る中、一番実りがあった期間。
(冬)年が変わると一変、焦りや受験の失敗などで勉強をうまくできなくなる。この時期は過去問を解くことしかしなかった。

メッセージ・アドバイス

年間を通して、「今が勝負」と言われます。でも、一年中本気で挫けずに出来る人はほぼいません。「この時期は本気で頑張れた」と胸を張って言えることが、強みになってきます。そして、受験を経験してわかったことは、でるところはある程度決まっているということ。早めに(志望校でなくとも)過去問の把握をしたほうがいい。ランクも系統も別の学校の過去問がそのまま出たりした。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 法学部に合格!(一般入試)

しょうちゃんさん

感想・今後の意気込み

これ以上頑張れないと思えるくらいまで自分を追い込んで勉強したことは、人生の中で初めてだった。きっとこれから長い人生を歩んでいく中で大きな糧となると感じている。

メッセージ・アドバイス

覚えたいと思うものを紙に書いて常にポケットに入れておく。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 法学部に合格!(一般入試)

たこさん

感想・今後の意気込み

浪人が決まった時は、一年間もまた勉強することなど出来ないと思っていたが、実際にやってみるとあっという間で楽しかった。現役時代の失敗を活かせたので効率よく勉強できた。

メッセージ・アドバイス

首都圏の私大合格者が年々減らされている現在において、『これだけやれば大丈夫』という安心感は非常に危険だと感じた。誰にも負けたくないという負けん気が、第一志望合格につながったと思う。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 法学部に合格!(一般入試)

w.fさん

感想・今後の意気込み

元々勉強が嫌いで、特に1人でするとなると全く集中できなかった私は、先輩の合格体験記を読むことで、「僕も一年後に体験記を書くぞ」という思いで勉強を頑張ってきました。それでもゴールの見えない受験勉強に何度も心を折られかけたので、その度に友達と話してリラックスしてから勉強に戻るというサイクルを繰り返して1年間乗り切ったように振り返ります。周りの迷惑にならない程度の息抜きは重要だと思います。

メッセージ・アドバイス

受験勉強について、夏までは基礎固めというのはよく言われる事と思います。この基礎部分に欠けがあると模試や演習もままならなくなるので、しっかりやるべきです。秋頃は典型問題の復習と発展問題の演習を重ねました。私は受験する大学はもちろん、受験校に似た問題を出す大学の赤本を新品、中古で揃えて、冬から過去問の演習を始めました。この過去問演習は非常に役に立ち、特に英語は同様の長文が出題されたりと大変役に立ったのでオススメします。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 法学部に合格!(一般入試)

T.S.さん

感想・今後の意気込み

私は、勉強できる日と、そうでない日の差が激しく、できる時に集中的にやり込むことで受験勉強を進めていました。自分のやり方に不安を持つこともありましたが、河合の先生にも相談に乗ってもらいながら勉強を進め、本番は実力を発揮することができました。大学では、「勉強」だけでなく、「学問」にも勤しめることが楽しみです。

メッセージ・アドバイス

慶應の受験者を悩ませるのは、小論文ではないかと思います。小論文で、一番怖いのは書くことが思いつかずに、白紙に近い状態で提出することです。そうならないように、河合の授業などで教わった、一つの「型」で何度も練習し、本番でも同じ作業ができるようにすることが大切です。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 法学部に合格!(一般入試)

みりんちゃんさん

感想・今後の意気込み

私の受験生活は控えめに言っても「健康的」とは程遠いものでした。夜中までスマートフォンを見たり、夜更かしをして夜食を食べたりと、とても不健康な受験生活を送っていました。直前期になると勉強に加え「インフルエンザ、風邪対策」にも力を入れなければなりません。不健康な生活ばかりしていた私は中々健全な生活に戻すことが出来ず苦労しました。今まで努力してきた時間が水の泡にならないためにも、普段から早寝早起きの習慣をつけておくことが後々かなり大事になってくると思います!

メッセージ・アドバイス

直前期になると勉強中に様々な不安が突然襲ってくることが多々起こるようになります。そんなときのためにも日頃から励まし合える受験仲間を作っておくことが大事だと思います。私の場合、学校の友達と自習室の開館時間から閉館時間まで個々に勉強していましたが、昼食や夕食は一緒に取ったり、自習室の閉館後は駅まで一緒に帰ったりと、受験という孤独な戦いを共有しながら支え合えた時間はかなり励みになりました。受験勉強の途中で不安に押し潰されてしまわないためにも、共に受験を戦い抜く仲間を作っておくことをお勧めします。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 経済学部に合格!(一般入試)

H.O.さん

感想・今後の意気込み

僕は浪人しましたが、現役時代に国語を勉強しない方式で受験に臨んだため、国語は1からのスタートでした。また、数英も思うようにいかず、模試では浪人なのにE判定を連発していました。しかし、こんな私でも慶應義塾大学に合格することができたので、みなさんには志望校を諦めないでほしいです!

メッセージ・アドバイス

志望校の過去問は早めにやっておいたほうがいいと思います。私は12月まできちんと過去問に取り組んだことがなく、そのため1、2月はとてもバタバタしていて、過去問に追われた日々を送っていました。私を反面教師にして、皆さんには早めから過去問に触れておいて欲しいです。滑り止めにする大学の過去問も早めに取り組んだ方がいいと思います。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 経済学部に合格!(一般入試)

A.Tさん

感想・今後の意気込み

私は高3の6月まで運動部で部活をやり、引退後は夏休みなどの長期休み、休日や直前期は塾の自習室で開室から最後まで勉強しました。お昼に友達とご飯を食べることが息抜きになって最後まで頑張れました。

メッセージ・アドバイス

志望する大学の情報はしっかり調べ、過去問は早い時期に一度目を通しておくとイメージがつかめると思います。試験当日は一点でも多く取る気持ちで頑張ることが大切だと思います。

ページの上部へ戻る


慶應義塾大学 商学部に合格!(指定校推薦)

Y.N.さん

感想・今後の意気込み

高2から河合塾に通い始めました。授業が良質なのはもちろん、フェローを利用したり直接講師から個人指導していただいたりすることでより理解を深めることができました。受験生時代に思い描いていた充実したキャンパスライフを送りたいです!

メッセージ・アドバイス

模試の結果などが気になって不安になることもありましたが、勉強内容と出来をノートにつけるというのを何ヶ月か続けていくうちに、確実に成長しているということを自分の目で確認することができました。努力は決して無駄になりません!自分を信じて頑張ってください。

ページの上部へ戻る


國學院大学 人間開発学部に合格!(AO入試)

ゆっぴさん

感想・今後の意気込み

受験は団体戦と言われていますが、ほんとにその通りだと思います。辛くて苦しい時、支えてくれるのは周りの友達や先生や家族でした。大学生になれる喜びと感謝の心を忘れずに日々の生活をしていきたいです。

メッセージ・アドバイス

私は夏にAOに切り替えようと考えました。一次試験まで約1ヶ月ちょっとというところでの決断でした。一次試験に向け毎日小論文を書き続けて先生に添削してもらいました。また、新聞やニュースを毎日読む、見るようにしました!

ページの上部へ戻る


芝浦工業大学 工学部に合格!(一般入試)

くじらくんさん

感想・今後の意気込み

数IIIの複素数が出ると思い込んでいました。なので自分がやろうと思っていたものを後回しにして複素数の演習ばかりしていましたが、結局私が受けた入試で出題されませんでした。やはり山をはるのではなく、自分の弱点を潰していった方がいいと思いました。

メッセージ・アドバイス

塾にいるときは、ご飯休憩でも単語カードを見たり、ずっと勉強をしていました。私の息抜きは、学校の昼休みに友達とおしゃべりしたり、家にいるときにはほとんど勉強をせずまったりとしていました。塾や家でのオンオフはしっかり出来たと思います。

ページの上部へ戻る


芝浦工業大学 建築学部に合格!(一般入試)

M.N.さん

感想・今後の意気込み

毎日朝から夜まで本当に辛かったが、合格できて嬉しかったし自信につながった。

メッセージ・アドバイス

あっという間に試験当日になってしまうので、計画的に効率良く、やらなければならないことからやる。

ページの上部へ戻る


上智大学 文学部に合格!(一般入試)

まきちょさん

感想・今後の意気込み

1年間右肩上がりで成績が伸びたわけではなかったので、悩んだ時期もありましたが、友達と励まし合い頑張ることができました。「受験は団体戦」という言葉をよく聞きますが、本当にその通りだと実感しました。私は自分に甘いのですぐに妥協してしまいがちですが、負けず嫌いでもあるので、周りが頑張っているから私も負けずに頑張ろうと思えました。第一志望の大学に合格することができて、生まれて初めて嬉し涙がでました!!

メッセージ・アドバイス

上智大学を目指すためには苦手科目があってはならないので、つぶせるように努力しました。私の苦手だった現代文に関しては、復習がとても大事だと思います。全く歯が立たなかった文章を何度も読んで理解できるようにしたり、知識として漢字をやったり現代文単語を覚えたりしました。すぐに成果がでるわけではありませんが、コツコツ続ければきっとできるようになります!最後まで諦めないで下さい!

ページの上部へ戻る


上智大学 神学部に合格!(一般入試)

ゆでたまごさん

感想・今後の意気込み

勉強だけでなく、学校行事にも力を入れて頑張ったことが、結果的に受験に生きたと感じている。何かの手を抜こうとすると他のことまで全力で取り組めなくなってしまう性分だということもあり、全てのことに全力で向き合ってきて不安もあったが、結果が出た今ではよかったと思っている。

メッセージ・アドバイス

朝早く起きる習慣をつけるべき。特に入試の時期である1〜3月は寒くて起きるのが辛いので、学校がない日も7時までには起きるようにしていた。学校や塾の自習室に朝から通う習慣をつけるのも良いと思う。

ページの上部へ戻る


上智大学 総合人間科学部に合格!(一般入試)

tomorrowさん

感想・今後の意気込み

僕は二年生の冬から本格的な受験勉強を始めました。しかし、僕自身学校での成績は芳しくない中で、とにかくやらなければと考え、実際に合格した大学とは別の大学を目標校にし、まずは自分に適している英語単語帳を覚え込みました。とても退屈な勉強でしたが、今ではそれが救いとなった気がします。しかし、三年の夏頃、ずっと続けていた勉強の習慣が一時だらけてしまいました。そんなこともあり、目標大学を受験することも叶いませんでした。そういった悔しさはあります。

メッセージ・アドバイス

やはり、過去問対策は必須だと思います。正直合格した大学は合格圏内というよりはチャレンジ校でした。それでも、絶対に受かってやるという気持ちで諦めずに過去問がある限り解きました。それが合格に繋がったと思っています。また勉強を続けていると途中で挫折しそうになるかもしれません。そんな時は大学案内などを見て、自分のキャンパスライフを想像してみてください!絶対に力になります。

ページの上部へ戻る


上智大学 総合人間科学部に合格!(一般入試)

ひよこさん

感想・今後の意気込み

たくさん自分と向き合い、壁にぶつかりながら過ごしたこの一年間はとても苦しいものでした。けれど友人やチューターさんに話を聞いてもらったりする事で、いつでも前を向いて頑張ることができました。 浪人しているとなかなか自分の成績の伸びがわからないですが、自分を信じてやり続けることができて良かったです!!この一年はとても貴重な一年だったので、活かしていける大学生活を送りたいと思います!

メッセージ・アドバイス

どのような受験方式があるか、自分はどれなら受けられるかを調べまくりました。 そして、対策は自分が納得できることをやり続けました。先生たちの意見を聞きつつ、最後は自分が納得できる方法でやればいいと思います!

ページの上部へ戻る


成蹊大学 経済学部に合格!(一般入試)

K.N.さん

感想・今後の意気込み

受験本番前によく応援メッセージで「今までやってきたことを信じて」とか「今までの成果を出して」と言っていただいたが、自分の中で「もっと勉強をしておけば良かった」や、「復習をもう少ししたかった」などの思いがあり、自分が納得できるだけ勉強出来なかった後悔の念を抱えながら本番を迎えるのは辛かった。大学入学に向けて新入生テストでいい成績を残し、今後に向けて準備をしていきたい。

メッセージ・アドバイス

合格した大学のために注意した点は、科目の点数配分です。選択科目がどれだけの比率を占めるのか、選択科目の点数調整はどうなのかを知ることは大事だったと思います。また生活面では、センターの1か月前から早寝早起きを心がけるようにしたことが実行してよかったことです。超夜型人間だったため直すのは大変で、家族に協力してもらいました。

ページの上部へ戻る


中央大学 法学部に合格!(一般入試)

Y.M.さん

感想・今後の意気込み

受験勉強がつらくなることも多々ありましたが、周りの人に助けられていることを考えると自ずと励むことができました。ただ模試の結果に踊らされてしまうことがありました。また、問題形式は各大学で異なるので、しっかりとした対策をもっとすべきだったと反省しています。

メッセージ・アドバイス

模試は受験の雰囲気を事前に味わえる貴重な機会です。そのため僕は模試の時にルーティンを決めて、入試会場でも毎回同じ行動をすることにしました。すると入試当日も過度な緊張をせずに実力が存分に発揮できました。またスランプに陥った時は1人で抱え込むのではなく先生に相談し、客観的な意見を聞くことで解決の筋道が見えてきます。周りの環境を生かして効果的に勉強して欲しいです。

ページの上部へ戻る


中央大学 法学部に合格!(一般入試)

ダイジョーブ博士さん

感想・今後の意気込み

毎日朝から自習室にこもり、授業を受けて、その日のうちに復習をしました。すごく単純なサイクルですが、継続することはかなりきつかったです。そんな時にチューターと話したり、大学のパンフレットを活用することで、モチベーションを維持することができました。

メッセージ・アドバイス

英語の長文は最低1日1題、古文・現代文は2〜3日に1題取り組んでいました。これは、本番苦労せずに、素早く問題に取りかかる上で大いに役立ちました。問題への「慣れ」を鈍らさないことが大切です。生活面では毎日手洗いうがいをすること。病気等で周りに遅れを取らないようにしましょう。

ページの上部へ戻る


中央大学 理工学部に合格!(センター利用入試)

あぷぷさん

感想・今後の意気込み

私はセンター併用入試では合格、一般入試では不合格でした。センター併用入試では「担任の先生に勧められて受けたこと」、「時間が余り受験番号を確認したところ間違えていたこと」を覚えています。もし担任に勧められていなかったら、もし時間が余っていなかったら…今思い出してもひやひやします。

メッセージ・アドバイス

よかったことは教科書で勉強したこと、一日の内に何教科もやったこと、周りに流されずとにかく基礎を固めたこと、数学は様々な大学の入試問題の答えを写すことから始めたことです。注意したことは寝ないことです。私は1度模試のときに寝てしまったので、試験当日はレッドブルを飲んで行きました。各大学の試験対策はセンター試験後に赤本を解いて特徴をつかみ、その大学が好きそうな所を手厚く復習しました。

ページの上部へ戻る


中央大学 理工学部に合格!(一般入試)

H.S.さん

感想・今後の意気込み

大学の附属高校に通っていて高2の冬までは内部進学するつもりでいましたが、突然外部受験したくなり勉強を始めました。それまでは、勉強してきた内容は定期試験ごとに忘れていたので、受験勉強を始めたときに高1のときの問題集などを解いたら、ほとんど解けず、平方完成すらできませんでした。そこからがんばって勉強したものの夏休みの後は勉強のやる気がなくなり、土日は3時間くらいしかしませんでした。張り切って勉強するのはいいことですが、受験の前に燃え尽きないようにしましょう。

メッセージ・アドバイス

私立理系志望でした。一般入試で受かる気がしなかったので、センター利用を重視していて、一般入試の過去問は第一志望と第二志望は2年分、第三志望以下は一切解きませんでした。しかし、第一志望には到底及ばず、第二志望も一点差で不合格でした。第三志望は一般入試でなんとか受かりました。あまりセンター重視にはせず、一般入試の対策をして、数学は夏休みまでに基礎を完成させておけば、以降の学習が楽になります。理科は11月くらいまでに一通り終わらせて、英語は毎日コツコツ長文の問題などを解きましょう。

ページの上部へ戻る


中央大学 理工学部に合格!(一般入試)

ままままさん

感想・今後の意気込み

1年間浪人ということで気合いを入れ直しやる気に満ち溢れた4月。しかし時間が経つにつれ、大学生と遊ぶようになり、やる気はなくなっていった。9月、日が出ている時間も短くなっていき、焦り始める。本当に怖かった。現実から目を背けたくなることもあった。だがこれを乗り越えた自分はとても成長したのだろうと思う。

メッセージ・アドバイス

1度赤本をやってみるべき。そしてその問題の中でどのレベル(基礎、標準、発展)の問題がよく出ているのかを押さえておくと、これから自分がやるべきことのビジョンが明確になると思う。それを踏まえて問題演習を繰り返し、ある程度仕上がったところでまた過去問を用いてその都度弱点を確認、克服していけば良いと思う。

ページの上部へ戻る


中央大学 理工学部に合格!(一般入試)

h.k.さん

感想・今後の意気込み

受験生活は5月6月がとても辛い時期でした。現役の時に高校の先生の化学の授業が自分に合わず勉強しなかったため、浪人しても成績がなかなか上がらず苦しかった。

メッセージ・アドバイス

浪人を決めても現役のときにぎりぎりで不合格になったと思えるぐらい頑張っておかないと合格できないと思った。受験の時は現役も浪人もなく、浪人して有利になったと思ったら大間違いだと思った。

ページの上部へ戻る


中央大学 理工学部に合格!(一般入試)

LeMoN。さん

感想・今後の意気込み

下見に行かなかったので、案の定、受験会場への道のりがわからず、迷子になってしまった。スマホのGPS機能を使って自分の現在地はわかったが、地図が読めなくて結局道がわからない。高いところから見れば何か目印になる建物が見つかるかもしれないと思い、歩道橋にのぼってみたところ某家具店の建物が見え、会場の方向がわかった。おかげで集合時間にも遅れずに試験会場にたどり着くことができた。そして、その大学に合格した。集合時間までに辿り着けなかったら帰ろうと思っていたが、諦めずに会場に辿り着く努力をした甲斐があった。

メッセージ・アドバイス

問題形式や量を確認するため、必ず受験する大学の過去問1年分は全教科解いた。試験の直前はチョコレートやブドウ糖でエネルギー補給を行った。問題の訂正があったときのために、机上には眼鏡を用意していた。生活面では、朝は7時までに起きて、夜は12時までには必ず寝るように心掛けていた。

ページの上部へ戻る


津田塾大学 学芸学部に合格!(センター利用入試)

N.O.さん

感想・今後の意気込み

自由登校の時に学校に登校して勉強をしていればよかった。滑り止めの大学に合格した時には本当にうれしかったです。

メッセージ・アドバイス

センター試験の対策。理系なら文系科目、文系なら理系科目が強いとかなり良い武器になると思います。ひたむきに努力していれば結果はどうであれ道は開ける。

ページの上部へ戻る


東京経済大学 コミュニケーション学部に合格!(一般入試)

キウイさん

感想・今後の意気込み

私は浪人生活を通して、自分自身と向き合うことの大切さや、何事もポジティブに考えることがいかに大事か学びました。私は自宅で勉強していたので、自分でしっかり勉強を含め様々なことを管理していかなければならないので、毎日の習慣を崩さないように心がけました。1年間1人なので辛いときもあったし、諦めそうなときもあったのですが、今しかできないことを今やらなければ絶対に後悔すると思い勉強しました。あとは、基礎・基本が大事で、それを反復していけば必ず実力がついてくることを浪人生活で学びました。

メッセージ・アドバイス

何よりもまずは、基礎・基本をしっかり定着させて自分のものにすることが大切だと思います。基礎ができていないと応用問題が解けないし、落としちゃいけない問題を間違えてしまうことがあるので、基礎・基本の積み重ねが実力につながると思います。あとは、私は毎日英語の長文を読んでいました。自分に合った勉強方法を早めに見つけて、わからないことはすぐにわかる人に聞いて解決することが大切です。

ページの上部へ戻る


東京経済大学 コミュニケーション学部に合格!(一般入試)

ムーミン→フィンランドさん

感想・今後の意気込み

受験生活は確かに大変な部分も多々ありましたが、知識が増えていく楽しさも感じました。何度も間違えた問題が出来るようになったときや、難しい単語の意味がスッと分かるようになったとき、成長に嬉しさを感じました。友達と問題を出し合って切磋琢磨できたのも良い思い出です。

メッセージ・アドバイス

受験を終えて感じたことは、模試やテストの「復習」の大切さです。私は最初、復習をするとなったときは答えを見て確かめるくらいしかしなかったのですが、それだけでは完全に覚えることができませんでした。しっかりと解説を読んで、なぜ間違えたのか、何を覚えていなかったのかを口で説明できるまで徹底することが合格への近道だと思いました。

ページの上部へ戻る


東京女子大学 現代教養学部に合格!(一般入試)

mkookさん

感想・今後の意気込み

1年ひたすら大変だったけれど、この1年が乗り越えられたという自信に今は繋がっています。これからの4年間を無駄にしないように大切に過ごしていきたいです。

メッセージ・アドバイス

生活面では就寝時間と起床時間は絶対に守る、これだけです。その方が身体の調子も少しは良い気がします。徹夜しすぎると試験本番で変な時間に眠くなってしまうので良くないです。せめて本番直前だけは徹夜は控えた方がいいと思います。学習面では予習と復習両方やることが必要だと思います。まず自力で解いて何を間違えたのかを理解し対策するためです。ただ時間が上手く作れない時は復習に重点を置くといいと思います。

ページの上部へ戻る


東京理科大学 経営学部に合格!(一般入試)

cooさん

感想・今後の意気込み

辛かったと言えばそうかもしれませんが、終わってみるとあっという間だったなという気がします。とにかく全力を尽くして1年間過ごしたつもりなので悔いはありません。大学では自分のやりたいことを精一杯やっていきたいです。

メッセージ・アドバイス

上半期の基礎固めと過去問演習は本当に大切だと思います。それから、スケジュールを最初は綿密に組むといいかなと思います。最初は勉強や休憩のペースが掴みづらいので、とりあえずスケジュールの通り行動してみて、だんだん自分に合うように合わせて行くのがおすすめです。

ページの上部へ戻る


東京理科大学 理工学部に合格!(一般入試)

きょんさん

感想・今後の意気込み

第一志望の大学は早めに決めておきましょう。僕は第一志望を高二の冬に決めました。ただでさえチャレンジ校の第一志望に約一年で合格まで持っていくのはほぼ不可能です。高二の夏くらいには決めておいて、少し受験を意識して勉強するのをお勧めします。途中で挫けそうになりますが、決して第一志望を下げてはいけません。下げると少し気が緩んで成績が伸びなくなります。だから僕はずっと第一志望を変えませんでした。

メッセージ・アドバイス

夏休み中には基礎を終わらせましょう。周りの人が自分よりレベルの高い参考書をやっていたとしても、焦って手を出してはいけません。僕はずっと、人よりも少し遅れた勉強速度でしたが、最終的にはその人たちよりも偏差値が高くなりました。「基礎固めをしっかりやる→応用」を頭に入れてください。あと休む時にはしっかりと休みましょう。疲れてダラダラやるよりも軽く仮眠をいれるだけでも効率はかなり変わるものです。メリハリのついた勉強をしましょう。

ページの上部へ戻る


東洋大学 社会学部に合格!(一般入試)

A.K.さん

感想・今後の意気込み

受験体制に入ったのは3年の夏休み。軟式テニス部で、夏大会まで活動していました。取り残された感はあったが、何とかなると思っていた。やり始めて、こんなにやらなければならないことがあるのかと愕然とした。しかし、やるっきゃない。最短の方法でやったと思っている。実は軒並み不合格で、慌てて中期を受けた。最後に合格をもらった。最後まで諦めるなと言うことだ。

メッセージ・アドバイス

私立文系なので、受験数が多い。しかし、過去問演習に振り回されないよう心掛けた。絶対行きたい大学に絞った。

ページの上部へ戻る


日本大学 文理学部に合格!(一般入試)

赤羽川歩さん

感想・今後の意気込み

受験をしたのは、これが初めてだった。小学校の頃から同じ学園の中で育ってきてしまったからだ。全力を尽くそうと思って臨んだはずが、気がかりな事柄が増えていき、ちゃんと勉強できなかったと思う。浪人して苦しむべきだったか、と今更になって思いもする。僕は余計に苦しむ道を選んだのかもしれない。一生苦しむかもしれない。でも、それでも構わない。学ぶ楽しみを生涯、楽しめるのかもしれないのだから。

メッセージ・アドバイス

やって後悔したことを書こうと思う。志望校は下げるべきではなかった。重要なのは一から十まで努力であるといえるが、脳の特性を知っていればよりよく、迷走することなく努力できるようになっただろう。朝は早く起き、夜は十一時くらいには、少なくとも零時までには寝て、脳を休めてやるべきだった。運動することを軽視することなく散歩くらいはするべきだった。賢者は散歩することを好んだ。アインシュタイン然り。

ページの上部へ戻る


日本大学 法学部に合格!(指定校推薦)

M.K.さん

感想・今後の意気込み

オープンキャンパスに行くと志望校へのやる気が出てきます!モチベーションが上がらなかった時があったのですが、自習室にいくと周りの気迫がすごいので、やらなきゃ!と思うのでいいと思います。夜型勉強になったのが反省点です汗

メッセージ・アドバイス

指定校推薦は、とにかく普段の学校生活を頑張ることです。小テストでも手を抜かない。一般入試よりライバルは断然少ないので有利です!指定校推薦が取れるとは限らないので、一般入試の勉強と学校の勉強の両立を頑張ってください!授業をちゃんと聞くこと!

ページの上部へ戻る


日本大学 経済学部に合格!(一般入試)

もちづきさん

感想・今後の意気込み

私は本当は指定校推薦にしようと思っていましたが、7月頃友達に誘われて一般受験にしました。河合塾には9月から入りましたが、塾に通って良かったと心から思います。周りの受験生の刺激で必死に勉強に取り組めたし、講師の方々が本当に面白く授業が楽しみでした。最後の模試でも第一志望に及びませんでしたが、偏差値は10上がりました。周りは大学が決まって楽しそうにしているのが辛かったですが、皆より良い所行ってやる、という気持ちで頑張りました。とても辛かったですが、受験勉強をした事に全く後悔していません。

メッセージ・アドバイス

英語はまず単語を覚える、日本史は多くの参考書をやらない、国語は漢字や語彙を怠らないことです。私は勉強している時に本当に眠くなったら寝ていました。眠いと頭に何も入ってこず、コクコクして過ごすよりも10分程度寝た方がスッキリしました。また、私はSNSが好きだったため、アプリを全部消して勉強に専念しました。一般受験の友達と受験のことに関して情報交換するのも役に立ちました。

ページの上部へ戻る


日本大学 生物資源科学部に合格!(一般入試)

K.M.さん

感想・今後の意気込み

頑固にならずにしっかりと理解する事に専念する事が出来なかったので、大学では頭を柔らかくして色々な事を吸収したいです。

メッセージ・アドバイス

浪人生活は正直言って楽しかったです!高校では理解が出来なかった領域まで達する事が出来て、自分の為になった1年間でした。しかし真面目な人にほど多い事ですが、受験勉強は大学に入るための“思考力テスト”です、自己満足の為にやる“研究”ではありません。なので1年間で効率よく学力を上げたいならば、数多の解き方がある中から最善かつ効率の良い解き方を教えてくれる講師を信頼して色々な知識を吸収するようにしてください。そうすれば来春、「勉強は面白い」という事が分かると思います。

ページの上部へ戻る


日本大学 生物資源科学部に合格!(一般入試)

M.Y.さん

感想・今後の意気込み

今日、第二志望だった大学の繰り上げ合格の電話が来ました!この1年間、河合塾に通わせてくれて入学金を捨ててまでも第二志望の大学に通わせてくれる親にとても感謝してます。そしてチューターの方にはとても感謝してます。最後の面談のとき『1人だと思わないで。みんなが応援してるよ。』と言ってくれて最後まで頑張れました。この先辛いことがあっても河合塾で過ごしたことを思い出してがんばります!河合塾 さいこー!

メッセージ・アドバイス

とりあえず、英単語は書いて覚える!英語の長文は音読すると読めるようになる!数学は毎日やらなきゃできるようにならない!生物はほんとに先生が言うこと一言一言をメモって完璧に覚える!図とか書くとより◎ なによりも大切ことはあきらめない!

ページの上部へ戻る


日本社会事業大学 社会福祉学部に合格!(一般入試)

Y.S.さん

感想・今後の意気込み

センター試験で失敗しちゃったけど、私大ではうまくいきました!

メッセージ・アドバイス

本番が近づいてくるとストレスが溜まるので、好きなアーティストの曲を聞いていました。特にZARDの負けないでは効果があると思います。

ページの上部へ戻る


法政大学 社会学部に合格!(一般入試)

つくもLOVEさん

感想・今後の意気込み

1年間のほとんどを勉強に費やし、土日祝日も河合塾に行った甲斐がありました。毎日9時ごろまでには自習室に入り、終わる時間になるまで勉強することを日課にしていました。ただなんとなく勉強に取り組んでいてはいけない事を知っていたので、この1年間を絶え間なく集中してやっていくことが大切だということが分かりました。

メッセージ・アドバイス

毎日やろうとすることを繰り返しやることだと思います。日課にしていることをきちんと毎日すれば、自然と自信もついてきました。9月以降は不安との闘いもありましたが、培ってきた自信がそれらに勝てば、試験会場でも実力を発揮できると思います。

ページの上部へ戻る


法政大学 国際文化学部に合格!(一般入試)

まてどりさん

感想・今後の意気込み

まず胸を張って言えることは、1年間河合塾の大受コースで頑張って本当に良かったと思う。その理由としては、もちろん第一に成績が伸び自分の納得できる大学に合格でき、そして第二にメンタルをかなり鍛えられたからである。成績に関して言うと、ほとんどテキストの予復習で偏差値が15以上伸びたのがとても嬉しかった。メンタルに関しては、11月くらいにスランプに陥った時があったのだが、そこで踏ん張れたことによりその後の精神的安定の要因となったと思われる。

メッセージ・アドバイス

まずはテキストの予復習を確実に。これをやらないことには始まらない。次に赤本を時間計って解いてみて、分からない語句や文法問題など何かしらにフォーカスしてノートを作る。言うまでもないが、英単語、イディオム、漢字などは毎日やる。一番大事なのは手や口を動かしながらやること。見るだけだとほとんどの人は勉強した気になってるだけで、何ら頭に入っていない。生活面は、やっぱり十分な睡眠と食事。それは集中力とも関係するからだ。あと、たまには気分転換も必要。自分はバッティングセンターに行っていた。

ページの上部へ戻る


法政大学 法学部に合格!(センター利用入試)

りんごさん

感想・今後の意気込み

私は2年生の時に受けたセンター同日試験で危機感を感じて、受験勉強を始めました。本当に受けて良かったです。また、学校には意識が高い友達がたくさんいたのも良かったです。友達と一緒にいるといい影響を受けることができました。

メッセージ・アドバイス

私はセンター利用で合格しました。そのため、英語と世界史は9割を超えていました。英語は本当に日々の授業が大切です。また、世界史も小テストなどを毎回満点にすることが後に役立ちます。1年生のうちからコツコツ勉強した人が受験では有利になります。

ページの上部へ戻る


法政大学 経済学部に合格!(一般入試)

ジョニーユビキタスさん

感想・今後の意気込み

もう後がない立場にありましたが、ただやみくもに問題に当たるのではなく、わからないところは正直に基本に返ることで、何が分かっていてあるいはそうでないかが明白になります。受験勉強はその明白になった“分からない”所を潰していく作業であると思います。その作業を怠らずに頑張って下さい。

メッセージ・アドバイス

河合塾は何と言ってもテキストが素晴らしいです。何冊も参考書を買ってやるよりも、1冊のテキストで入試に向けて万全な力をつける事ができる上に、講師の先生の講義により完全な理解を助けます。だから、普段の授業を大切にして下さい。そして、分からなければ講師の先生方の力を存分に活かしてください。

ページの上部へ戻る


法政大学 経済学部に合格!(一般入試)

まろんさん

感想・今後の意気込み

私にとっての大学受験はとにかく、「時間との戦い」でした。高3の春に文転を決め、週6の部活で引退も高3の夏休みだったので、周りのライバル達よりもはるかに受験勉強のスタートが遅れていました。 そのため、自分の中で優先順位を決め、受験は総合点なので得意な科目の配点が高い大学・学部を調べて、ライバル達との差を埋めようとしていました。

メッセージ・アドバイス

私が志望校に合格する上でやってよかったことは、「毎日やることリストを書き、チェックすること」です。 特に夏休みや冬休みなどの長期休暇は、生活リズムが乱れがちでなかなか思うようにいかない事が多かったのですが、やるべきことを具体的に書き記し、それをチェックすることで足りないことや自分の苦手な分野も掴めました。

ページの上部へ戻る


武蔵大学 社会学部に合格!(センター利用入試)

Izさん

感想・今後の意気込み

専門学校に行くつもりだったのですが、やっぱり大学を目指したいと思い、勉強を始めたのは3年生の10月でした。勉強の開始がとにかく遅かったので、得意な科目よりも苦手な科目のカバーに重点を置き勉強しました。そのおかげでそれまで0点だった古文もセンター本番では40点を取り、無事合格できました。

メッセージ・アドバイス

センター利用で合格したかったので、とにかくセンターの対策ばかりしていました。社会科目は地歴どれも苦手だったので現代社会選択にしました。加えて、少しでも英語に触れる機会が増えるようにと、スマホの言語設定を英語に設定したり工夫もしました。

ページの上部へ戻る


武蔵大学 社会学部に合格!(一般入試)

春大ベスト8さん

感想・今後の意気込み

高校の時に野球部に没頭して勉強はほとんどしていませんでした。浪人することになりそこから本気を出し、45から60まで偏差値が上がりました。講師、チューターの言うことを聞き、それを頼りに勉強していきました。

メッセージ・アドバイス

とにかく講師、チューターの言うことを信じてやるのみ。それをやれば受かります。

ページの上部へ戻る


明治大学 文学部に合格!(一般入試)

S.N.さん

感想・今後の意気込み

試験当日に受験大学までの電車が軒並み止まり、とても焦った。幸い集合時間の1時間前に着くように家を出たのと、集合時間が繰り下がった事で集合時間には間に合ったけれど、本当に焦った。

メッセージ・アドバイス

疲れが溜まってるなと感じたらその状態で勉強しても効率が悪いので、普段よりも少し長めに寝るようにする。英語では書き換えの問題が数問出るので、主なイディオムとその言い換えはしっかり押さえるようにしていた。

ページの上部へ戻る


明治大学 国際日本学部に合格!(一般入試)

春野ひかりさん

感想・今後の意気込み

大学受験は実際に経験してわかる苦悩や厳しさがあります。私は自分に甘くて勉強を怠ったことが反省です。言い訳なしに自分に厳しくすべきでした。合格したのは志望順位の低い大学ですが、そのご縁をありがたく感じました。第1志望は合格できませんでしたが、高いレベルの第1志望を貫いて頑張れたことは自分を成長させてくれました。自分と向き合い戦ったことに意味があり、今後の人生で大きな糧になると思います。私が志望した大学に合格した人を追い越せるように、浪人生が猛勉強するのに負けないように、大学生活を過ごします。

メッセージ・アドバイス

高校の授業を休まずしっかり受けました。塾の先生から教わる内容と同じでも、違う先生から違う視点で教わると理解度も増して記憶も明確になります。また、次の日の学習計画はやることと余裕を持った所要時間を1つ1つ細かく決めました。そうするとやるべきことが見えて勉強を進めやすいです。生活面では、夕飯は家で家族と食べるようにし、食事がしっかり取れて、息抜きもでき、夜更かしもせずに睡眠は6〜7時間とれたので、ほとんど体調を崩すことなく過ごせました。ストレッチをして身も心もスッキリさせたのもよかったです。

ページの上部へ戻る


明治大学 国際日本学部に合格!(一般入試)

M.N.さん

感想・今後の意気込み

私が大学受験に向けて本格的に自主学習を始めたのは3年生になってからでした。第一志望には合格できなかったものの、今思えば3年生になってからも学校行事に全力で取り組み、友達と支え合いながら、すぐサボってしまう私が塾にこもって毎日勉強を続け、進学先の合格を勝ち取れたという結果に悔いはありません。大学では自分のやりたいことを、自分のやり方で深めていくことが大事だと考えているので、入学したら更に勉学に励んでさまざまな経験を積んでいきたいです。

メッセージ・アドバイス

英検やTEAPなど、英語外部試験利用の入試が年々増えてきているので、余裕があれば早めに受験しておくことをおすすめします。私は英語が得意でしたが、実際に英検準一級を取得したことで受験を有利にすすめることができました。苦手な科目に関しては、3年生の夏休みに徹底的に克服したほうがよいです。夏休みはまんべんなく、全ての科目を苦手ではないレベルまで引き上げることを目標に学習を進めると良いと思います。

ページの上部へ戻る


明治大学 政治経済学部に合格!(一般入試)

K.S.さん

感想・今後の意気込み

国語や英語などの成績がひどかったので三年生の最初はどうなるかと思いましたが、最後まで諦めなかったので、その努力が報われました。

メッセージ・アドバイス

勉強は基礎が重要です。どの科目でも基礎レベルのことをおろそかにしないように、日頃から確認はしておいたほうがいいです。

ページの上部へ戻る


明治大学 商学部に合格!(センター利用入試)

annaさん

感想・今後の意気込み

センターに集中し過ぎて、センター後から私大入試まで割と気を抜いてしまったことは反省しています。

メッセージ・アドバイス

センター利用を複数出してて良かった!!最初から諦めてセンター利用出してない人も多いから、センターに自信がある人は出すべき!!

ページの上部へ戻る


明治大学 理工学部に合格!(一般入試)

宅浪は闇さん

感想・今後の意気込み

現役のときは全落ちしましたが、1年間浪人して受験した大学全てに合格することができました。第1志望の国立には出願できず心残りがありますが、自分の行きたい大学に合格することが出来て、嬉しかったです。合格出来たのは最後の最後まで諦めなかったからだと思います。浪人の時、模試が悪かった時、弱気になったりしました。でも自分を信じて勉強を続けてきたからこそ今に至ると思います。

メッセージ・アドバイス

今はすごく大変だと思います。でもいい経験になると思うので、後悔しないよう頑張ってください。

ページの上部へ戻る


明治大学 農学部に合格!(一般入試)

pinkyさん

感想・今後の意気込み

受験生活では毎日毎日勉強漬けだったので、勉強が嫌いな私にとってはとても辛い日々でした。しかし、塾には友達がいたので、勉強の合間に気分転換で友達と話したり、励まし合うことができたのでとてもよかったです。第1志望の大学の受験前日には、お世話になったスタッフさんや友達に励ましてもらえて心強かったです。試験の直前には、スタッフさんに書いてもらった励ましのコメントを読んで、気合を入れていました。

メッセージ・アドバイス

選択科目の試験は数学と化学を選んだのですが、とても問題量が多くて過去問を解いている時も全て時間内に解ききることはできませんでした。私は1つの問題に執着してしまうタイプだったので、自分ができる問題を瞬時に判断してそれからやるように訓練しました。ですから、パッと問題を見てすぐ答えが出てこなかったら印をつけておいてとばして、一通り終わってから印をつけた問題にとりかかると良いと思います。

ページの上部へ戻る


明治大学 農学部に合格!(一般入試)

S.E.さん

感想・今後の意気込み

受験勉強をしていた時期、とにかく友達と話すことが息抜きになりました。仲間が一緒にがんばっている、と思うだけで心強くなりました。大学の授業は実験などがたくさんあってとても楽しみです。この大学でしかできないことを、この大学でしか出会えない人たちと思いっきり楽しみたいです!

メッセージ・アドバイス

受験科目の選択肢が多いので、自分の得意な科目や好きな科目を選ぶことをおすすめします。問題集をやるときに、色々なものに手を出さず、同じものを何周もする方がこの大学の問題には対応しやすいです。過去問は数年分、解き直しまでしっかりやるべきだと思いますが、得点源の問題と、難易度が高く他の受験生も解けないような問題を見極めるようにして解くといいと思います!やればやるだけのびます!がんばってください!

ページの上部へ戻る


明治薬科大学 薬学部に合格!(一般入試)

A.H.さん

感想・今後の意気込み

受験を通して、周りからとても支えられているなと実感しました。私自身、家族と進路希望にずれがあり、悩んだ時がありました。そんな時は、友達と話して悩みを共有しました。結果的に家族と話し合い、自分が納得のいく進路に進めたのでよかったです。大学入学後は、勉強はもちろんですが、様々な人と関わりたいと思っているので、ボランティアやアルバイトなど多くのことに取り組んでいこうと思います!私は薬学部に入学したため、入学後は6年後の国家試験に向けて同級生と同じ夢に向かって、切磋琢磨していきたいです!

メッセージ・アドバイス

薬学部志望なのに、化学が苦手で物理が得意でした。好きな科目ほど無意識に勉強時間が多くなってしまうので、意識して化学の時間を増やしていました。また、数学でいえば計算問題を、化学でいえば有機化学の問題を、毎日コツコツとやっていました。私は家ではあまり勉強がはかどらないので、特に大型連休の際などは学校の自習室を利用していました。また、生活習慣には気を使い、起床時間、就寝時間を固定していました。

ページの上部へ戻る


立教大学 観光学部に合格!(一般入試)

マスオさん

感想・今後の意気込み

毎日淡々と自習室へ行っていました。同じ日々の繰り返しで、挫折しそうにもなりました。途中成績が下がって上手くいかなかったり落ち込んだこともありました。そんな時は、お昼ご飯を友達と食べたり、チューターに相談したり、講師の先生の熱い言葉に刺激されたりして、受験までのモチベーションを保つことができました。反省点としては夏休みに過去問をたくさん解いてしまったことです。基礎がないのに解いても自己満足にしかなりません。夏休みは基礎固めをオススメします。

メッセージ・アドバイス

自分が行きたい第一志望は、全学部方式の試験も受けることをオススメします。自分の周りの人でも、個別はダメで全学部で受かったという人も多くいます。また、複数学部受けるのもオススメです。勉強法としては、英語で合否が決まると受験して分かったので、やはり英語が一番大事だと思います。単語と文法をしっかり固めれば、十分合格に近づくと思います。また社会科目も侮ってはいけません。一学期からしっかり受講して固めて行くことが重要だと思います。国語は漢字、古文単語、文法をやるのがいいと思います。

ページの上部へ戻る


立正大学 文学部に合格!(一般入試)

GRさん

感想・今後の意気込み

クラスの大半が推薦やAOで決まっていき、やってる意味がないんじゃないかなって思ってたけど、合格したとき初めてこんな嬉しいのかと思った。だから受験は意味があると自覚した。

メッセージ・アドバイス

朝早く起きて夜早く寝ること、直前期の赤本だけやるとかはだめ。赤本で解けなかった問題とか苦手だなと思ったら、今まで使っていた問題集、参考書、教科書、テキストなどを確認することが大事!

ページの上部へ戻る


早稲田大学 文学部に合格!(一般入試)

みぽりんさん

感想・今後の意気込み

模試では基本D判定かE判定、最高でもC判定しか出たことのない第一志望校に合格できたので、本当に嬉しかったです。夏休みと直前期は河合塾の自習室に毎日通って10時間は勉強していました。とてもはかどる日もあれば全然集中できない日もあって、つらいことや自己嫌悪に陥ることも多かったですが、すべて終わってみれば本当にいい思い出になります!

メッセージ・アドバイス

10時に寝て5時に起きる生活リズムを徹底したことと、一年間ずっと健康だったことが何よりも良かったことだと思います。朝型になっておくと何かと得です。勉強面では、私大の人は英語と国語を早めに完成させることが大事です。英語なら単語、熟語、文法など、国語なら古文単語、古典文法、句法などの基礎を夏までに固めておくと自信がつきます。私は自習室での勉強以外、家ではほぼ何もせず遊び呆けていて親に心配されましたが、メリハリをつけることは大切です。一年間は意外とあっという間。悔いの残らないよう、頑張ってください!

ページの上部へ戻る


早稲田大学 教育学部に合格!(一般入試)

Y.S.さん

感想・今後の意気込み

受験生活を振り返ると、意外と短かったように感じます。ただ、年が明けてからはモチベーションが下がり、あまり勉強が手に付かない日もありました。そこで弛まずにやりきれば、もう少し合格校を増やすことができたのかもしれないです。また、一緒に塾や学校に通い、励ましあった友達の存在は大きかったと思います。合格発表の時は、正直番号は無いと思っていたので、番号を見つけた時には驚きしかありませんでした。努力が実ったあの瞬間は、一生忘れられないと思います。

メッセージ・アドバイス

日本史に取り組むのが遅かったので、慌ててたくさんの問題集に手を出すのではなく、過去問や学校のテスト、模試で間違えた問題、勘でなんとなく解いた問題をノートにまとめて、受験会場などではそれを見直すようにしていました。早稲田は国語や英語にも特徴があったので、受験する学部にこだわらず、傾向が似ている学部の問題も集めて解きました。あとは、とにかく体調を崩さないことに気をつけ、予防接種や手洗いうがい、換気を心がけました。万全の体調で臨むことが何よりも大切です。

ページの上部へ戻る


早稲田大学 国際教養学部に合格!(一般入試)

ささみさん

感想・今後の意気込み

受験勉強はつらかったこともありました。ほかの受験生に比べて勉強量が少ないのではないかとあせったり、不安になったり、大変な時期もありました。それでもあきらめず、合格を手にした今、支えてくれた家族への感謝を感じるとともに、これからも邁進していきたいと考えています。

メッセージ・アドバイス

得意な科目はどんどん伸ばしていくべきだと思います。苦手な科目もたくさん過去問を解いたことで力がつきました。

ページの上部へ戻る


早稲田大学 社会科学部に合格!(一般入試)

K.T.さん

感想・今後の意気込み

自分のしている勉強は正しいのか、他の受験生と比べて自分は合格に近づけているのだろうかと、いつも不安だった。このようなとき、自分にとって励みとなったのは同じ受験生の友人だった。自分と同じように大変な思いをしている友人と勉強を教えあったり励ましあったりすることで、迷いを捨てひたむきに勉強に取り組むことができた。受験勉強に孤独を感じつらくなったときは、友人と苦悩を分けあい支え合った。苦しい受験期を共に乗り切った仲間は、受験が終わった今後もよい仲間となるだろうと思う。

メッセージ・アドバイス

自己満足の勉強にならないよう注意した。いくら必死に勉強したとしても、それが志望校の受験に役に立たなければ無意味だ。むやみに難しい数学の問題や、細かい歴史の暗記を時間をかけてするよりも、何が志望校の対策に必要なのかを常に考えて勉強をしなければいけないと思う。ときどき自分の勉強をふりかえってみるのも大事だと思う。

ページの上部へ戻る


早稲田大学 法学部に合格!(一般入試)

トマトさんさん

感想・今後の意気込み

受験勉強はコツコツ基礎を固めるのが大切だと思いました。難関大だからといって応用や細かいところをやるのではなく、基礎を徹底的に固め「みんなができるところを間違えない」ことが本当に大切だと本試を通して感じました。反省点としてはセンター後ダレてしまったことです。ダレてしまったものの合格できたのは今までコツコツ基礎を貯めてきたからだと思います。センターの点数や模試の点数に一喜一憂せずコツコツ勉強するのが大切です。

メッセージ・アドバイス

僕の受けた学部は、英語でよくある内容の英作文が出るので、その対策としてヤマをはる感覚でよくある内容の英作文の模範解答を丸ごと覚えていました(同性婚、飲酒、選挙、電子化、etc) 。 また英語は単語勝負だと思ったので、受験用の単語帳に加え、英検1級やTOEFLの単語帳も覚えました。そのおかげで単語推測の問題を確実にとれるようになり、長文もスラスラ読めるようになりました。

ページの上部へ戻る


早稲田大学 政治経済学部に合格!(一般入試)

Y.T.さん

感想・今後の意気込み

高2の11月頃から本格的に受験勉強を始めたのですが、もっと早く始められたら違う選択肢もあったのかなとは思います。ただ、まだ学問のスタートにようやく立てただけなので、これからが頑張りどころだと思って努力を続けたいと思います。

メッセージ・アドバイス

英語は面倒だと思わずに、単熟語や文法を固め、音読を欠かさないようにすることが重要だと思います。また、早稲田や上智では標準化があるので、どれも平均を超えるくらいにした上で、得点源の科目を作っておくと、差をつけられるし、自信にも繋がると思います。

ページの上部へ戻る


早稲田大学 政治経済学部に合格!(一般入試)

S.K.さん

感想・今後の意気込み

高3の夏、僕の受験生活は始まった。それまで勉強をサボりあげ、加えて文転した僕の模試の偏差値は驚異の28。案の定、現役時代は全敗。おまけにある事情で、英国もままならないのに、従来の政経から日本史選択への変更。それでも前を向くしかなかった。浪人1年間は河合の熱狂的な信者となった。お陰で成績は右肩上がり。極めて順調だった。しかし人生そんなに甘くはないのだ。センターは大失敗、MARCHの個別もことごとく不合格。それでも希望を捨てずに戦い続けた。奇跡は起きるもんだ。早慶5分の4合格。ほんまに河合塾サンキュー。

メッセージ・アドバイス

常日頃から自分を客観視して、今の自分に何が足らないのかの自己分析を重ね、その解決のための具体的な指針を見出し実行すれば、確実に日々成長し志望校合格が見えてくるはず!あとは、自分を信じろ!河合塾を信じろ!志望校を信じろ!


ページトップへ