Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  > 受験体験記トップ  >  受験体験記(北陸・東海)
金沢医科大学 医学部に合格!(一般入試)

I.F.さん

感想・今後の意気込み

高校1年生の春期講習から河合塾町田校に3年間通い、現役で医学部へ合格することができました。河合塾の先生の授業はとてもわかりやすく、授業後の質問にも丁寧に答えてくださったので、毎週着実に実力をつけることができました。また、授業ではテキストになっていないような事もたくさん教えてくれるので、ただ自分で市販の問題集を解くよりもたくさんの事を知ることができます。

メッセージ・アドバイス

私立医学部は倍率が高く合格は難しいですが、河合塾のテキストの復習を繰り返したり、模試の解き直しをしたり、自分の持っている問題集を何周もすることが合格への一番の近道だと思います。難しい問題を解く力よりも基本問題を落とさないことが入試で必要な力なので、とにかく問題集の反復を怠らないことが大事です。

ページの上部へ戻る


愛知大学 文学部に合格!(一般入試)

おらふさん

感想・今後の意気込み

初めは浪人生活の中で自分は友達は作らないでいよう(受験の妨げになる)と思っていた。しかし、今では友達がいてよかったと思っている。友達を作れば、自分が知らない大学などについての情報交換が出来るし、受験の不安や大変さを共有できるので、最後まで潰れずに受験をやり終えることができた。

メッセージ・アドバイス

基礎シリーズは1番大事な所。基礎シリーズの内容は夏の間に復習しておくことがとても大事だと思う。秋には次の授業が始まるので、復習する時間が全くないのだ。基礎を築いておくことで、センターや二次試験前に応用などに時間を費やせる。受験期間は長いように思えて一瞬。全ての教科予習復習は大変だと思うが、約一年の授業の中で怠らずにやり遂げて欲しいと思う。

ページの上部へ戻る


名城大学 都市情報学部に合格!(一般入試)

Rさん

感想・今後の意気込み

受験は自分次第です。自分がやるか、やらないか、それにより合格できるかが決まると思います。

メッセージ・アドバイス

自分にあった睡眠時間を見つけて、常にその睡眠時間を確保してください。睡眠時間を勉強に費やす方もいらっしゃると思いますが、体調管理が大事です。本番に体調を崩しては、今までの勉強が台無しです。

ページの上部へ戻る


愛知大学短期大学部 ライフデザイン総合学科に合格!(センター利用入試)

M.N.さん

感想・今後の意気込み

センター試験は周りに知り合いがいたので、そこまで緊張せずに受験することができました。しかし、二次試験や私立を受けるときには、一人で行動しなければならなかったので、試験&試験以外のことでも気疲れしてしまいました。とにかくひとつでも受かっていると、少しは気が楽になり、落ち着いて勉強できたと思います。

メッセージ・アドバイス

待ち時間に勉強する用具を持っていたほうがいいと思います。私の場合は、センター試験の会場が遠く、帰りも遅かったため、菓子パンやお菓子を持っていきました。また、電車の場合、人混みが凄いので、単語帳のようなポケットに出し入れ可能なものを用意しておけば、1日目の帰りにも勉強できるので、少しの時間も無駄にしないように何かしら準備しておいた方がいいと思います。宿泊が必要になった場合は、前日は意外と集中できないので、持ち物は最低限の勉強用具にして、前々日までにはほぼ完璧にしておいた方がいいです。


ページトップへ