Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  学習対策  >  センター試験対策  >  センター試験 倫理,政治・経済

センター試験 倫理,政治・経済

学習アドバイス

 2017年度センター試験に続き、2018年度も倫理分野と政治・経済分野の全範囲からバランスよく出題されていました。倫理分野について見ると、源流思想、西洋近現代思想、日本の思想、現代社会の倫理、青年期の課題と自己形成の5つの領域から、まんべんなく設問が設けられています。政治・経済分野についても、政治と経済がほぼ同比率で出題されています。したがって、トータルバランスに気を配り、すべての単元の学習事項をしっかりと押さえ、未学習の単元をつくらないようにすることが大切です。
 2017年度の試験では、倫理分野の方が政治・経済分野と比べて難度が高い傾向にありましたが、2018年度の試験では、両分野の間にそれほど大きな難度の差が見られませんでした(倫理分野の全18問の平均正答率がおよそ76.1%であったのに対し、政治・経済分野の全18問の平均正答率はおよそ77.6%でした)。両分野間で難度に大きな差が生じる年度もありますが、「前年度の試験で難度が高かったから」という理由だけで倫理あるいは政治・経済のどちらかの分野にばかり時間を費やすようなことは避けましょう。
 その上で、内容理解に徹した学習を大前提とすることが重要です。用語丸暗記で何とか対処しようとする受験生も一部に見受けられますが、誤りの選択肢のなかに受験生を惑わすような形でキーワードを掲げておくという出題手法は少なくなく、丸暗記型の学習ではこのような選択肢への対応が困難となります。この種の出題手法にひっかからないようにするためにも、教科書の内容理解に徹した学習を進めることが重要です。さらに、模擬試験や過去問を活用して理解を正確にし、正誤判断力を磨くことも必要でしょう。さらに、読解力や思考力を試す設問への対応力を磨くことも求められます。2018年度も、読解力や思考力を試す設問が出題されました。このことから、模擬試験や過去問の演習を通じて、読解力や思考力を試す設問への対応の仕方を学び取っていくことが求められます。


ページの上部へ戻る


2018年度問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数
1 現代社会の諸課題と青年期 14 5
2 日本の思想・源流思想 18 7
3 西洋の近現代思想・源流思想 18 6
4 国家の役割の変遷 22 8
5 国家間、地域間、個人間の格差 14 5
6 女性の社会的地位の向上 14 5
合計 100 36

設問別分析
第1問
「優しさ」をめぐる会話文をもとに、青年期の自己形成、ヒューマニスト、センの思想などが問われた。センの思想が問われた問5は、すべての選択肢に「潜在能力」というキーワードが出ているため、その正確な理解がないと正答できず、やや取り組みにくかっただろう。
第2問
「教え」をテーマとした本文をもとに、日本の神話、仏教思想、近世思想、近代思想などが問われた。八正道について問われた問2は、細かい内容が問われているように見えるが、消去法で容易に正答できる。三宅雪嶺について問われた問6は、多くの受験生が思想内容まで理解していない人物であるため、やや取り組みにくいかもしれない。日本思想に関しては、基本的な人物についての学習はもちろんのこと、教科書の脚注に記載されている人物についても確認しておくような綿密な学習が求められる。
第3問
「遊び」をテーマとした本文をもとに、パウロやロックの思想、自然をめぐる西洋の思想などが問われた。ロックについて問われた問2は判断に迷うかもしれないが、正解にならない選択肢において他の思想家のキーワードが示されているため、消去法で正答できるだろう。人々に生き方の指針を示してきた書物について問われた問5のイザヤは、受験生にはあまりなじみのない人名であっただろう。
第4問
国家の役割の変遷に関する本文をもとに、日本国憲法の基本的人権、アメリカ・イギリスの政治制度、法の支配、需要・供給曲線、ローレンツ曲線、電力、日本の安全保障政策などについて出題された。問6は、問題文に示されているローレンツ曲線についての説明をよく理解したうえで解答することが必要である。電力をめぐる施策について問われた問7や日本の安全保障政策について問われた問8は、時事的動向についての出題であり、日頃から時事問題への意識をもちながら学習する必要がある。
第5問
国家間・地域間・個人間の格差をめぐる本文をもとに、トレード・オフとベーシック・インカム、国家間の格差に関する事項、一次エネルギーに関する資料における国名判断、社会保障制度、各国の教育費に関する資料の読み取りが問われている。問1のベーシック・インカムは時事的傾向を意識した出題であるが、消去法で解答は可能。問5は知識を前提としない資料の読み取り問題である。全体に取り組みやすい問題であり、教科書の範囲内の学習で対応可能である。
第6問
女性の社会的地位の向上について述べた本文をもとに、男女の賃金格差や管理職に占める女性の割合などの国際比較、国会の種類や議院の会議の名称と説明、形式的性差別に当たる措置の例外、働き方に関する法律の名称と内容、最高裁判所により違憲とされた法制度に関する知識が問われている。ほとんどの問題は教科書の範囲内の学習で対応できる。

ページの上部へ戻る


センター試験 解答

ご覧になりたい年度をクリックすると、その年度のセンター試験の解答がご覧いただけます。

ページの上部へ戻る


平均点の推移

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 73.1 66.6 60.5 59.6 67.3

ページトップへ