Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  学習対策  >  センター試験対策  >  センター試験 国語

センター試験 国語

学習アドバイス

現代文

 もしあなたが入試現代文の学習をまだあまり積んでいないならば、まずは〈本文に書かれていることを根拠に解答を決める〉という態度を習慣づけることが大切です。問題を解いていて迷ったときには、選択肢だけを見て直感的に答えを決めようとするのではなく、必ず本文に戻って、「本文のこの部分にこう書かれているのだからこの答えがいちばん良いだろう」と考えるようにしましょう。とくに小説の問題では、勝手な思いこみで答えを決めてしまわないことが大事です。つねに理由づけをしながら解答を選ぶという姿勢を徹底させるようにすることが、入試現代文では最も大切なことなのです。
 さらに、問題集などを通してさまざまな問題を解いてみるということも大切です。第1問(評論)では抽象度の高い文章が頻出するので、難解な文章にも臆することなく、さまざまなジャンルの文章に接して、その内容を理解していく訓練を怠らないようにしたいものです。第2問(小説)では、単にストーリーをつかむだけでなく、場面設定や時代状況、登場人物の人物像などを理解することを心がけましょう。また、小説全体がどういう視点から描かれているか、特徴的表現はないかといったことにも、できるだけ気を配ることが大切です。


古文

 古文で得点するためには、基本的な古語を覚え、用言の活用・助動詞・助詞・敬語に関わる文法事項を習得し、そうして得た知識を用いて、できるだけたくさんの古文を読む訓練を積まなければなりません。2018年度本試験の成績データを見ても、すべての設問で文系生の正答率は理系生の正答率を上回っています。そのことは、学習時間の差がどんな場合にも必ず得点の差につながるということを示しています。特に単語は、訳語を丸暗記するのではなく、その語の意味をきちんと理解することに努めましょう。2018年度の問1(ア)では、重要語の意味が問われましたが、受験対策の単語帳でよく見かける訳語が誤答の選択肢に使われ、正解は意訳した表現になっていたため、そのせいで、訳語を丸暗記しただけの大勢の人が間違えていました。また、設問形式は、毎年、だいたい一定の型にのっとって出題されていますので、過去問や予想問題集などを利用して、センター試験の設問形式と時間配分に慣れておくことも大切です。特に、センター試験の古文は、一般的な入試問題と比べて、本文が長いうえ、選択肢も一つ一つが長いので、時間をどう使うかが重要になります。解答する際の時間配分をあらかじめ十分考えておく必要があるでしょう。さらに、和歌が頻繁に出題されるのもセンター試験の特徴です。基本的な和歌修辞を覚えて、ふだんから和歌を現代語訳するなどして、和歌に慣れておきましょう。


漢文

 漢文では何よりもまず基礎知識に習熟する必要があります。重要語句、基本句形、漢詩の知識など、漢文読解の基本となる部分は細大漏らさず学習しておきましょう。その上で、文章構造や文脈の展開、そして全文の趣旨や筆者の意図に注意しながら読解力の養成に努めてください。また、センター試験の漢文では、語句の読みや意味を、内容を踏まえた上で判定させようとする問題が必ずといってよいほど出題されます。問題を解くだけで満足するのではなく、場合によっては辞書を用いながら全体の解釈を考え、さらに繰り返し音読するなど、一つの文章を徹底的に活用してみてください。
 漢文は、後回しにしておいても高得点が取れる、と勝手に思い込んでいる受験生を時々目にしますが、現実はそう簡単には行きません。なるべく早い時期から学習に取りかかりましょう。


ページの上部へ戻る


2018年度問題構成と設問別分析

大問 分野 問数 マーク数 出典
1 評論 6 11 有元典文・岡部大介『デザインド・リアリティ―集合的達成の心理学』
2 小説 6 9 井上荒野「キュウリいろいろ」
3 古文 6 8 『石上私淑言』
4 漢文 6 8 李燾『続資治通鑑長編』
合計   36  

設問別分析
第1問
全体として難解なものはない。ただし、問3は、新傾向の設問であり、戸惑った受験生もいただろう。また、本文の第16段落以降では独特の用語も使われており、そうした用語に戸惑った受験生は、問5や問6の(ii)などを紛らわしいと感じたかもしれない。基本的な読解力を養い、いろいろな設問形式に対応できるようになろう。
第2問
例年であれば解答を選びにくいことの多い問1(語句の意味の問題)と問6(表現についての問題)は、今年は解きやすい。他の設問では、傍線部前後の内容のみを根拠にして作られたと思われるものが多く、文章全体の内容を意識して解答を選ぼうとすると、かえって迷う可能性がある。特に問3と問5は、自信をもって正解を選ぶことが難しい。日頃から、傍線部に関係する内容を正確に読み取り、選択肢同士を丁寧に比較して答えを選ぶことを心がけよう。
第3問
問1は、例年通り語句の解釈問題で、(イ)以外は重要古語が問われているが、文脈を踏まえる必要もあった。問2は、例年通り文法問題で、2017年度追試験で初めて出題された品詞分解の形式を踏襲しており、適当でないものを選ぶ設問であった。問4は傍線部の内容についての説明問題であったが、解答の根拠となる箇所が例年に比べて広範囲に及んでいた。今年は問5・6の二問に傍線部がなかった。重要古語・古典文法・古典常識など古文の基本を習得し、それを基に文章を読む練習を積まなければならない。
第4問
問1は語の意味の問題、問2は句の解釈の問題であったが、どちらも現代日本語でも用いられる字の理解がポイントとなっている。問3は白文の書き下し文と解釈が枝問形式で出題されたが、返り点の付け方は問われなかった。比較形に気づけば正答に近づける。問4の内容説明の問題は、文脈を押さえることが大切。問5の理由説明と問6の内容説明の問題は、選択肢の正誤判断が難しいので、本文の記述としっかり照らし合わせて考える必要がある。学習対策としては、基礎知識を習得し、文章を丁寧に読み解く訓練を重ねつつ、さまざまなジャンルの文章に触れておきたい。また、要点を的確に捉える力をつけることも肝要である。

ページの上部へ戻る


センター試験 解答

ご覧になりたい年度をクリックすると、その年度のセンター試験の解答がご覧いただけます。

ページの上部へ戻る


平均点の推移

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 104.7 107.0 129.4 119.2 98.7

ページトップへ