Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

    r

Kei-Netトップ  >  学習対策  >  センター試験対策  >  センター試験 現代社会

センター試験 現代社会

学習アドバイス

 センター試験「現代社会」に向けた学習対策としては、2018年度センター試験の出題傾向を踏まえて、次の4点に留意しましょう。

  • (1)「政治・経済」と重なる分野に関しては、正確な知識を下に正誤の判断をさせる出題が主流となっています。そのため、教科書に記載されている基本的な知識の習得がまずは前提となります。さらに、憲法や主要な法律の条文、経済データなどの周辺的な知識のほか、個別の事象の歴史的順序にも十分に配慮して知識を深めておく必要があります。また、当然のことながら、ケアレスミスに注意しましょう。
  • (2)倫理や環境、思想などの分野については、たとえ時間の関係上高等学校で学習する機会がなくとも、教科書を中心に丹念に学習を進めておかなければなりません。その際、古代から現代にいたる西洋や東洋の思想、日本の思想については、高等学校「倫理」の教科書にも目を通しておくことを勧めます。また、民主政治に関わる思想、科学や技術、宗教、大衆社会、社会保障などの「現代社会」に該当する分野についても「政治・経済」や「倫理」の教科書、さらに資料集にもあたって、知識の幅を広めておくことを勧めます。時事的な事柄についてはあまり過敏にならなくてもよいですが、現在起こっている事がらの背後にある問題について日頃から深く掘り下げる習慣を身につけておきましょう。
  • (3)図表問題については、出題される内容は単純な数値の読み取りとは限らないので、図表に表れたデータを使って計算をしたり加工をしたりして、そこから何が導き出せるかを絶えず考える態度を身に着けましょう。また、さまざまな条件のもとにそこから得られる結論が何かを問う問題については、文章の読解力はもちろんのこと、論理的な思考力や判断力の養成に努めましょう。こうした実践的な判断力をみる設問は、今後より重視されていくのではないでしょうか。
  • (4)そして、最後に、「好きこそ物の上手なれ」のたとえがあるように、「現代社会」という科目が提供するさまざまな事柄に対して、受動的に関わるのではなく、みずからの問題として、生きた教材として、積極的に取り組んでいきましょう。「調べ学習」はたんに知識として知っておく事項ではなく、毎日の生活のなかで実践していくべきものなのです。

ページの上部へ戻る


2018年度問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数
1 企業活動と地域社会をめぐる諸問題 22 8
2 選挙権年齢引下げと主権者教育 14 5
3 データの活用と国民生活 22 8
4 技術の進歩と人間の営み 14 5
5 新自由主義と市場経済 14 5
6 地球環境問題と国際社会における意思決定 14 5
合計 100 36

設問別分析
第1問
企業活動をめぐる会話文をもとに、会社、企業の社会貢献、技術革新、産業構造、雇用、金融に関する基本事項のほか、地域をめぐる問題も出題されている。いずれの問題も教科書の範囲内の標準的な学習で対応できる。
第2問
選挙権年齢の18歳への引下げと主権者教育を主題とする本文をもとに、日本やアメリカの政治制度、日本の選挙制度に関する基本事項のほか、青年期の心理や社会的位置づけについての理解が問われている。いずれの問題も教科書の範囲内の標準的な学習で対応できる。
第3問
データの収集・蓄積について論じた本文をもとに、防衛機制、公害、世界遺産、人口問題、資源に関する法制度、行政制度が出題されている。これらの問題は教科書の範囲内の標準的な学習で対応できるが、そのほか、与えられた条件に基づいて有効に成立する契約を選ぶ問題(問2)や本文の内容の読み取り問題(問8)も出題されており、こうした問題に対応するため、その場での判断力も養うよう心がけておきたい。なお、本文の内容に合致する選択肢を選ぶ問題(問8)が、正しい記述をすべて選ばせる8択問題となった。
第4問
技術の進歩とその実用化がもたらす課題について論じた本文をもとに、文化交流や情報社会、日本の社会保障制度、「調べ学習」のほか、倫理分野から日本思想が出題されている。ほとんどの問題は教科書の範囲内の標準的な学習で対応できるが、「対策」とその課題例の組合せを判断させる問5は、単なる知識ではなく与えられた条件に基づいて的確に判断する力が問われる。
第5問
新自由主義について論じた本文をもとに、経済思想、経済史、国民所得など、経済分野に関する知識が総合的に問われている。いずれの問題も教科書の範囲内の標準的な学習で対応できる。
第6問
パリ協定について論じた本文をもとに、南北問題、外交交渉、地球環境問題、国連の意思決定など、国際分野の知識が総合的に問われている。ほとんどの問題は、教科書の範囲内の標準的な学習で対応できるが、問3の図表問題のような、条件に沿った計算や数値の読み取り問題にも対応できるようにしておきたい。

ページの上部へ戻る


センター試験 解答

ご覧になりたい年度をクリックすると、その年度のセンター試験の解答がご覧いただけます。

ページの上部へ戻る


平均点の推移

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 58.2 57.4 54.5 59.0 58.3

ページトップへ